満月 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
満月
船台上で放置された満月 (1947年5月、佐世保船舶工業)
船台上で放置された満月
(1947年5月、佐世保船舶工業)
基本情報
建造所 佐世保海軍工廠
運用者  大日本帝国海軍
艦種 駆逐艦
級名 秋月型駆逐艦
建造費 17,820,400円[注釈 1]
艦歴
計画 マル急計画
起工 1945年1月3日
最期 1945年3月工程16%で工事中止
その後 1948年2月28日解体終了
要目(計画[注釈 2]
基準排水量 2,750トン
公試排水量 3,484トン
満載排水量 3,899トン
全長 134.20m
水線長 132.00m
垂線間長 126.00m
最大幅 11.60m
水線幅 11.60m
吃水 4.15m
ボイラー ロ号艦本式ボイラー3基
主機 艦本式タービン2基、2軸
出力 前進 52,000馬力
後進 10,000馬力
速力 33ノット
燃料 重油1,066トン
航続距離 18ノットで8,000カイリ
乗員 272名
兵装 九八式10cm高角砲 連装4基
25mm機銃 3連装4基
九二式四連四型発射管1基
九三式一型改二4本)
爆雷72個
搭載艇 短艇4隻
レーダー 仮称二号一型改1基
ソナー 九三式水中聴音機1組
九三式水中探信儀1基
探索装置・
その他装置
九九式測探儀1基
テンプレートを表示

満月[注釈 3](みちつき)は、日本海軍の未成駆逐艦秋月型駆逐艦の12番艦[注釈 4]太平洋戦争中に建造中止となり、戦後解体された。

艦歴[編集]

マル急計画の駆逐艦乙、第360号艦型の6番艦、仮称艦名第365号艦として計画。

1945年1月3日、佐世保海軍工廠で起工。2月5日、満月と命名されて秋月型駆逐艦の6番艦に定められ[注釈 4]、本籍を呉鎮守府と仮定。

3月、工程16%で工事中止となり、船台上で放置された。艦体はキールの据え付けと中央部への肋材設置が終わり、その外舷に鉄板を一部張っただけだった。

1947年9月9日、満月の船体は解体のため内務省を経由して大蔵省(熊本財務局)へ引き渡され、さらに同日佐世保船舶工業株式会社(旧佐世保海軍工廠)へ引き渡された。

1948年2月から佐世保船舶工業で解体が始まり、2月28日に解体が終了した。

艦型[編集]

戦後撮影された涼月。1944年の復旧工事で艦橋が角ばり、舳先は直線となった。

満月は秋月型の中で唯一、基本計画番号F53に従ったものとされる[1]。基本計画番号F51との違いは艦首部がナックルフレアであること、船首楼甲板上端の断面が垂直であること、艦尾の側面形が末広がり型ではなく垂直であること、艦橋が丸みを帯びていないこと、艦尾艦底部が曲線ではなくナックルがつけられていることなど、曲面と曲線を極力廃したもので[2]、特殊鋼の使用もやめたとされる[3]

特に艦橋と艦首の設計は、1944年1月16日に被雷大破した涼月の復旧工事の際に使用されたと考えられている[4]

ただし、満月が本当に基本計画番号F53に従って建造されていたかどうかについては異説が有り、一般艤装改正図の記述では「本改正は367号艦以降に実施」とあり、このことから満月も通称冬月型に含まれるとされる[5]。367号艦は、花月の次の艦である。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 第79回帝国議会と第81回帝国議会で成立した価格であり、基本計画番号F53としての価格ではない。
  2. ^ 要目は、満月が基本計画番号F53に従って建造された前提とし、『一般計画要領書(一等駆逐艦、F53秋月型改型)』に基づいて記述する。
  3. ^ 本来の艦名表記は滿月。
  4. ^ a b 本艦が艦艇類別等級別表に登載された1945年2月5日時点で秋月照月初月新月若月霜月の6隻が艦艇類別等級別表から削除されているため、1945年2月5日時点では6番艦、通算では12番艦となる。秋月型駆逐艦の、1945年2月5日時点での艦艇類別等級別表上の序列は涼月冬月春月宵月夏月、満月、花月の順である。
脚注
  1. ^ #福井静夫 p.291
  2. ^ #歴史群像 pp.144-147
  3. ^ 丸スペシャル『駆逐艦朝潮型 秋月型』 p.39
  4. ^ #歴史群像 pp.147
  5. ^ #歴史群像 pp.144

参考文献[編集]

  • 海軍省復員庁
    • 昭和20年2月5日付 達第22号、内令第96号、内令第100号。
    • 昭和22年9月12日付 佐世保地方復員局 佐復第280号。
  • 日本造船工業会 『一等駆逐艦一般計画要領書』。
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』、ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 福井静夫『日本駆逐艦物語』光人社、1993年。ISBN 4-7698-0611-6
  • 防衛研修所戦史室 戦史叢書 第31巻 『海軍軍戦備(1) -昭和十六年十一月まで-』、朝雲新聞社、1969年。
  • 丸スペシャル No. 19 日本海軍艦艇シリーズ 『駆逐艦朝潮型 秋月型』、潮書房、1978年。
  • 明治百年史叢書 第207巻 『昭和造船史 第1巻(戦前・戦時編)』、原書房、1977年。
  • 「歴史群像」編集部著、田村俊夫、水谷清高『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.23 秋月型駆逐艦』学習研究社、1999年。ISBN 4-05-602063-9