満州の丘に立ちて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

満州の丘に立ちて』(まんしゅうのおかにたちて、ロシア語: На сопках Маньчжурии)は、ロシアワルツ吹奏楽曲として作曲されたが、歌詞が付され、歌曲合唱曲としてよく演奏される。

概要[編集]

1906年イリヤ・アレクセエヴィッチ・シャトロフロシア語版によって作曲された。シャトロフは日露戦争軍楽隊員として従軍しており、戦死した友を偲んで作った曲とされている。元々は『満州の丘の上のモクシャ連隊Мокшанский полк на сопках Маньчжурии)』という題名の吹奏楽曲であり、ロシアでは現在も吹奏楽団民族楽器オーケストラの重要な演目となっている。

作曲された年から現在に至るまで、数種類の歌詞がつけられ、ロシア語版ウィキペディアでは、5つの歌詞が紹介されている[1] 。とりわけ、1926年に発表されたアレクセイ・イワノヴィッチ・マシストフАлексей Иванович Машистов による作詞が有名で、シベリア出兵による日本軍との戦闘で亡くなった兵士をイメージに置いたものとされている。ロシア歌謡としては、長きに渡り歌い継がれてきた。

日本においては、笹谷栄一郎の訳詩がつけられ、ロシア民謡として歌われている。しばらくは、ロシア民謡愛好家やうたごえ運動のレパートリーとなっていた。1994年加藤登紀子が発表したCD「ロシアのすたるじい」に収録されている。

さすらいのギター[編集]

1963年に、フィンランド出身のギター・インストゥルメンタル・バンド、ザ・サウンズフィンランド語版が、この「満州の丘に立ちて」をロックン・ロール調に編曲し、"Mandschurian Beat " としてリリース。フィンランド本国はもとより北欧諸国で大ヒットとなり、そして日本では「さすらいのギター」の邦題が付けられ人気を得る。

1971年には、アメリカのエレキ・インスト・バンド、ベンチャーズが、日本国内向けにシングル盤を発表しヒットさせ、後に寺内タケシ小山ルミも同曲をカバーする程となった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]