湯浅富士郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

湯浅 富士郎(ゆあさ ふじろう、1942年8月5日 - )は日本の声楽家バスオペラ歌手。都山流尺八竹琳軒大師範、浄土宗僧侶、関西芸術振興会評議員、奈良メサイアの会会長、あすか邦楽アンサンブル代表、株式会社TAKUTO代表取締役。本名は湯浅順信(-よりのぶ)、僧侶になった際にこちらを本名に改名した。尺八を演奏する際の芸名は湯浅富士山(-ふじざん)。妻はソプラノ歌手の湯浅契。大阪府立清水谷高等学校東京芸術大学西ドイツケルン音楽大学卒業。