湯川周麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

湯川 周麿(ゆかわ ちかまろ、生没年不詳)は、江戸時代末期から明治時代にかけての浮世絵師

来歴[編集]

豊原国周の門人。姓は湯川、名は嘉吉。浅草寺中誠心院上地町屋に住んでいた。作画期は文久1861年1864年)から明治にかけてで、役者絵や「東海道名所之内」シリーズなどの風景画を残している。

作品[編集]

  • 「東海道 土山 鈴ヶ山坂ノ下」 大錦 文久3年(1863年)前後 江戸東京博物館所蔵
  • 「東海道名所之内 那智ノ滝」 大錦 文久3年前後 江戸東京博物館所蔵
  • 「東海道名所之内 京都等持院足利十五代木造之図」大錦 文久3年前後 江戸東京博物館所蔵
  • 「東海道名所津ゝき 羅生門之古図」 大錦 文久3年前後 江戸東京博物館所蔵
  • 「東海道名所之内 兵庫築嶋寺」 大錦 文久3年前後 江戸東京博物館所蔵

関連項目[編集]

参考図書[編集]