湯宿温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg湯宿温泉
温泉情報
所在地 群馬県利根郡みなかみ町
交通 鉄道:上越新幹線上毛高原駅よりバスで約20分
泉質 硫酸塩泉
泉温(摂氏 63 ℃
テンプレートを表示

湯宿温泉(ゆじゅくおんせん)は、群馬県利根郡みなかみ町(旧国上野国)にある温泉

アクセス[編集]

泉質[編集]

  • ナトリウム・カルシウム - 硫酸塩泉

温泉街[編集]

温泉街の石畳路地

新潟との県境の三国峠の手前、国道17号沿いに温泉街が広がる。

歓楽的な要素は少ない、鄙びた温泉街である。湯治部を有する旅館も現存する。

共同浴場は4軒存在するが、うち一軒は地元住民の専用である。観光客へ開放しているのは「窪湯」、「竹の湯」、「小滝の湯」である。窪湯以外は地元住民専用の日を設定している。

歴史[編集]

開湯は1300年前である。[開湯伝説]によれば、弘須法師が岩穴にて読経している際に突如温泉が湧出したという。

平成11年4月20日 - 法師温泉川古温泉と共に国民保養温泉地に指定。

2005年10月1日のみなかみ町誕生に際し、温泉街の範囲の大字が「布施」、「新巻」から「湯宿温泉」へと変更になった。

その他[編集]

つげ義春が『ガロ』に1968年発表した短編漫画『ゲンセンカン主人』の舞台となった町として知られる。その着想の元になった旅館は「大滝屋」である。作品はその後、石井輝男監督により映画化される。しかし、漫画に描かれたような当時のうらぶれた面影は今は少ない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]