湯元敏浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湯元 敏浩
ゆもと よしひろ
生年月日 (1964-05-19) 1964年5月19日(55歳)
出生地 鹿児島県姶良市[1]
出身校 早稲田大学法学部
前職 日本テレビ社員
現職 姶良市長
所属政党 無所属
公式サイト 湯元よしひろ後援会

当選回数 1回
在任期間 2018年4月25日 - 現職
テンプレートを表示
ゆもと よしひろ
湯元 敏浩
生誕 (1964-05-19) 1964年5月19日(55歳)
鹿児島県姶良市[1]
住居 鹿児島県姶良市
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学法学部
職業 元 NTV日本テレビプロデューサー
活動期間 1988年 - 2013年

湯元 敏浩(ゆもと よしひろ 1964年5月19日 - )は、日本政治家鹿児島県姶良市長(1期)。

日本テレビで政治記者、コンプライアンス推進室考査部考査担当部長、情報カルチャー局担当部長などを務め、情報・報道番組のプロデューサーを担当した。

人物[編集]

鹿児島県姶良市[1]生まれ。鹿児島市立東谷山小学校鹿児島大学教育学部附属中学校鹿児島県立鶴丸高等学校卒業。1988年3月、早稲田大学法学部卒業。

大学卒業後、日本テレビへ入社[2]

同期入社の小栗泉と共に報道局に配属され政治記者として活躍。アナウンサーでは同期入社に福澤朗村山喜彦関谷亜矢子永井美奈子もいた。

政治記者時代は55年体制が崩壊した時であり記者としての活動は多忙をきわめたという。

番組ディレクターを経て番組プロデューサーに就く。

番組プロデューサー時代ではズームイン!!朝!など数多くの情報・報道番組を手がけ主に報道畑を歩んだ。

コンプライアンス推進室考査部考査担当部長、情報カルチャー局担当部長などを経て2013年7月、日本テレビを退社。

同年10月19日2014年4月20日執行の姶良市長選挙に立候補することを発表し[1]、現職の笹山義弘に挑むも僅差で惜敗。

2014年10月から2017年9月までかごピタ鹿児島読売テレビ)コメンテーターとして出演した。

2017年11月1日、任期満了に伴う姶良市長選挙への再出馬を表明し、2018年4月22日投開票の市長選で現職を破り初当選を果たした[3]。4月25日、市長就任。

職歴[編集]

日本テレビ時代の担当番組[編集]

考査担当[編集]

エピソード[編集]

  • 入社3年目のとき、報道局制作の深夜放送「CAPA」のスタッフで立ち上げに参加。第3回放送のときに企画立案と出演。

同期入社[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
笹山義弘
Flag of Aira Kagoshima.svg 鹿児島県姶良市長
2018年 -
次代:
(現職)