湯ノ岱温泉 (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hot springs 001.svg 湯ノ岱温泉
Yunotai spa uchjyu.JPG
保養センターの浴室
温泉情報
所在地 北海道檜山郡上ノ国町湯ノ岱
交通 北海道新幹線木古内駅より函館バス湯ノ岱停留所下車、徒歩約10分
泉質 炭酸水素塩泉
泉温(摂氏 39・32
pH 6.4・6.8
液性の分類 中性
浸透圧の分類 低張性
宿泊施設数 1(閉鎖中)
外部リンク 上ノ国町 温泉・宿 - 檜山振興局
テンプレートを表示

湯ノ岱温泉(ゆのたいおんせん)は、北海道檜山郡上ノ国町湯ノ岱にある温泉

泉質[編集]

2種類の源泉があるが、泉質は同じ。

温泉街[編集]

天ノ川沿いに日帰り入浴施設「湯ノ岱温泉 国民温泉保養センター」が存在しているだけで、現在は宿泊施設はない。(かつて「温泉旅館湯ノ岱荘」(日観連指定、既に閉鎖)という宿泊施設があった)「国民温泉保養センター」は32℃・38℃・42℃の3つの浴槽と打たせ湯がある。源泉掛け流し方式、一部加温。「湯ノ岱荘」は加温掛け流し方式、浴室床には温泉析出物による波型模様が出来ていた。

目の前の天ノ川ではアユウグイ釣りが可能。周辺に湯ノ岱スキー場がある。

歴史[編集]

江戸時代末から存在した。昭和49年3月30日 - 環境庁告示第34号により、国民保養温泉地に指定。

アクセス[編集]

  • 車:函館市より1時間30分。
  • バス:函館バス木古内駅前停留所より約45分、湯ノ岱停留所下車徒歩10分。

脚注[編集]

  1. ^ 泉質は国民温泉保養センター館内掲示の温泉分析書(平成21年付)による

外部リンク[編集]