湘南ひらつか七夕まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
湘南ひらつか七夕まつり
まつりの様子(2008年)
まつりの様子(2008年)
イベントの種類 祭り
七夕祭り)
開催時期 7月第一金曜日から3日間
初回開催 1951年
会場 平塚駅北側の商店街
主催 湘南ひらつか七夕まつり実行委員会
平塚市・平塚商工会議所
共催 平塚市商店街連合会
後援 平塚市の各企業
企画制作 平塚商工会議所
平塚市商店街連合会
平塚市
来場者数 361万人(平成5年)
最寄駅 JR東日本東海道線平塚駅
公式サイト

湘南ひらつか七夕まつり(しょうなんひらつかたなばたまつり)は神奈川県平塚市で行われる七夕の祭りである。関東三大七夕祭りの一つ。

概要[編集]

開催日程は年度によって微妙に異なるものの、2007年までは7月7日と土日を挟んだ前後数日間に行われることがほとんどであった。2008年は7月4日~7月7日まで開催し、2009年からは最終日を日曜日にするため7月第一木曜から4日間の開催になったため、開催日が7月7日に被らない年も出てくるようになった(例:2009年は7月2日(木)~5日(日)の開催)。7月開催の由来は、当時は新暦による開催地がなく注目度が増加することや、飾り物が旧暦の開催地に対し譲渡できる利点がある事などを、平塚市第7・8代市長の戸川貞雄が自著で述べている。ただし、例年梅雨が明けきっていないため雨天になりがちで、観客動員上問題視する向きもある。実際、2015年は開催期間中の全日程で雨天に見舞われた。 2011年以降は東日本大震災の影響等による安全対策優先のため、開催日程・エリア等の規模を縮小し、開催期間が7月第一金曜から3日間となった。特に2011年は節電対応のため夜の七夕飾り点灯が中止された。

七夕飾りは市全体で約3,000本、湘南スターモール(旧東海道本通り)には大型の竹飾りが83本飾り付けられている。七夕飾りは各商店が費用を負担しているため、展示規模の縮小化が懸念されている。一方、市民の竹飾り参加が近年顕著となっている。吹流しなどに電飾がなされており、昼間とは違う雰囲気が楽しめる。仙台七夕の飾りは和紙で作られていて電飾がなされておらず、深夜は片付けられるのに対し、平塚の飾りはソフトビニール製で電飾がなされており、夜も楽しめるところが異なる。

歴史[編集]

第二次世界大戦中、平塚市には海軍火薬廠があったため、1945年7月の空襲で焼野原となり、終戦後の1950年7月に復興まつりが開催された。その後、平塚商工会議所、および、平塚市商店街連合会が中心となり、仙台市仙台七夕まつりを模範とした第1回「平塚七夕まつり」が1951年7月に行われた。1952年1953年には「平塚七夕音頭」が発表された。回数を重ねるごとに規模が拡大していき、1957年の第7回平塚七夕まつりからは、当時の市長である戸川貞雄の方針により平塚市の主催となった。

1973年の第23回平塚七夕まつりでは、駅ビル建設問題などの諸問題から平塚市がいったん開催中止を宣言した。しかし、「伝統の火を消すな」と有志が立ち上がり、商工会議所が開催している。1993年の第43回から現在の「湘南ひらつか七夕まつり」との名称となった。平塚駅周辺の都市整備により、2005年より開催期間が5日から4日に縮小された。更に2011年以降は東日本大震災の影響等による安全対策優先のため開催期間が3日間となり、主催が湘南ひらつか七夕まつり実行委員会となっている。なお、七夕まつり実行委員会は平塚市と平塚商工会議所が合同で組織している。

イベント[編集]

本祭3ヶ月前
  • 湘南ひらつか織り姫セレクション(2012年~)
    • 1976年2003年ミス七夕コンテスト、2004年2010年は湘南ひらつか織り姫夕コンテスト、2011年は湘南ひらつか織り姫選考会で、本祭1ヶ月前に開催されていた。
本祭
  • 中心市街
    • 七夕飾りコンクール(昼の部と夜の部に分けて行われる)
    • 湘南ひらつか織り姫と音楽隊パレード※2011~2013年は中止、2014年は2011~2014年の歴代織り姫が参加、2014年より音楽隊の規模を縮小し、かつて見られた県内の大学・諸団体の多くが姿を消した。
  • 市内各地
    • 織り姫市中訪問
    • 七夕飾りコンクール(地区別)

2014年までは市民センターでもキャラクターショーやラジオ日本公開録音、マイ・ディズニージュニア公開録画など催しが行われていたが、耐震診断の結果2015年は使用不可となった。

各みどころ[編集]

  • 紅谷町まちかど広場

市内保育園、幼稚園、小学生、学童保育などの七夕飾りが掲出される。

  • 湘南スターモール(旧東海道本通り)・紅谷パールロード(平塚市道南町通り線の東半分)
数百メートルに渡って様々に趣向を凝らした竹飾りが展示されている。慣習的に飾りの下を結ぶ観光客も多い。大小さまざまな飾り物がある。
  • プラザロード(平塚市道海岸南中線)・紅谷Beロード(平塚市道南町通り線の西半分)他
露店が建ち並ぶエリアとなっている。
かつては明石町通りも交通規制されて露店通りとなっていたが、2011年以降は交通規制の対象から外れた。
FM湘南ナパサの生放送が時々行われ、創作太鼓の演奏や歌手のステージなどが行われる。
  • 見附台広場
露店の出店と、ステージイベントが行われる。
かつてはひらつか市民プラザ前にステージがあり、FM湘南ナパサの生放送が行われていた。

アクセス[編集]

この他、相模川河川敷に臨時駐車場が開設され、臨時駐車場利用者のために平塚競輪場~平塚駅南口間でシャトルバスが随時運行される。

関連項目[編集]

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]