湖畔駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
湖畔駅
湖畔駅(1988年7月撮影)
湖畔駅(1988年7月撮影)
こはん
Kohan
朱鞠内 (1.9km)
(8.8km) 蕗ノ台
所在地 北海道雨竜郡幌加内町字朱鞠内
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 深名線
キロ程 80.7km(深川起点)
電報略号 コハ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年(昭和31年)5月1日
廃止年月日 1995年(平成7年)9月4日
備考 深名線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の湖畔駅と周囲約1.5km範囲。上が名寄方面。写真中程、右上の雨竜第一ダムへ向かう道路との踏切近くにホームがある。左下に、未完成で放置された名羽線の路盤と宇津内川の橋脚が確認できる。この一帯は朱鞠内湖の元となったプトカマベツ川、宇津内湖の元となったウシュナイ川(ウツナイ川)、朱鞠内川の三つの川が合流するため三股と呼ばれ、早くから植民されて、戦前には派出所まで設置されていた。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

湖畔駅(こはんえき)は、北海道空知支庁雨竜郡幌加内町字朱鞠内にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)深名線廃駅)である。電報略号コハ。深名線の廃線に伴い1995年(平成7年)9月4日に廃駅となった。

歴史[ソースを編集]

駅構造[ソースを編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。ホームは線路の西側(名寄方面に向かって左手側)に存在した。分岐器を持たない棒線駅となっていた[1]

仮乗降場に出自を持つ無人駅となっており、駅舎はないがホーム南側の出入口附近に待合所を有していた[1]。待合所の壁には朱鞠内湖のイラスト入りの「歓迎 道立自然公園朱鞠内湖」と記載された看板が掲示されていた[1]。ホームは深川方(南側)にスロープを有し[1]駅施設外に連絡していた。

駅名の由来[ソースを編集]

当駅が朱鞠内湖の最寄駅であることより。但し当駅から湖畔までは約2km(徒歩で約30分)ほど離れていた。

利用状況[ソースを編集]

  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は0人[1]

駅周辺[ソースを編集]

駅跡[ソースを編集]

2000年(平成12年)時点では駅跡は判別可能であった[3]。2010年(平成22年)時点では駅跡からの線路跡が伸びていることを確認できた[4]。2010年(平成22年)時点でも線路跡は同様で、駅跡自体は原野になっていた[5]。現在はバス停留所と転回場となっている。

隣の駅[ソースを編集]

北海道旅客鉄道
深名線
朱鞠内駅 - 湖畔駅 - 北母子里駅
かつて当駅と北母子里駅との間に蕗ノ台駅白樺駅(共に晩年は臨時駅)が存在した(1990年(平成2年)3月10日廃止)。
かつて当駅(当時は仮乗降場)と蕗ノ台駅との間に宇津内仮乗降場が存在した(廃止年月日不詳・1956年(昭和31年)11月19日以降)。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)77ページより。
  2. ^ 書籍『北海道道路地図 改訂版』(地勢堂、1980年3月発行)15ページより。
  3. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2000年1月発行)36-37ページより。
  4. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング、2010年4月発行)42-43ページより。
  5. ^ 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)179-180ページより。

関連項目[ソースを編集]