港区立御田小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
港区立御田小学校
Mita Elementary School
Mita Shogakkou.jpg
煉瓦門
過去の名称 区立御田小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 港区
併合学校 港区立南海小学校
設立年月日 2000年(平成12年)
4月1日
共学・別学 男女共学
所在地 108-0073
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

港区立御田小学校(みなとくりつ みたしょうがっこう)は、東京都港区三田四丁目に所在する公立小学校である。

概要[編集]

明治、大正時代は軍人、官吏、会社社長、頭取などが子弟を通わし、校風は山の手風であったとされる。

2000年に御田小学校が南海小学校を吸収統合し、現在に至る。国道15号桜田通りに挟まれた台地上にあり、周囲は住宅地や寺町の寺院に囲まれている。登下校には校舎側にある御田門、明治時代から残る煉瓦造りの岬門、この両方が利用されている。

港区で唯一、教科別担任制を実施するモデル校に選定されている。このため入学時から越境通学する児童も見られる。2010年、校庭がゴムだったのを人工芝に取り替えた。

「放課GO」を実施しており、登録した児童は、5時まで学校で過ごすことが可能である。

沿革[編集]

  • 2000年平成12年)4月1日 - 南海小学校と御田小学校を統合し、御田小学校として開校。
  • 2006年(平成18年) - 港区教育委員会研究パイロット校研究発表会。
  • 2007年(平成19年)11月6日 - 港区教育委員会研究パイロット校研究発表会。
  • 2012年(平成24年) - 港区教育委員会研究パイロット校研究発表会。
  • 2013年(平成25年) - 港区教育委員会研究パイロット校研究発表会。
  • 2014年(平成26年) - 港区教育委員会研究パイロット校研究発表会。

教育方針[編集]

教育目標[1]
「よく考え くふうする子」「進んで行い やり通す子ども」「仲よく はげましあう子ども」「じょうぶで 心ゆたかな子ども」
児童数と教員数[2]
年度 児童総数 1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生 教員数 職員数
平成23年 344人 59人 64人 53人 65人 57人 46人 18人 4人
平成24年 351人 53人 58人 65人 57人 60人 58人 18人 4人
平成25年 372人 71人 51人 61人 67人 58人 64人 20人 3人
平成26年 360人 56人 71人 51人 61人 62人 59人 20人 3人
平成27年 358人 62人 59人 68人 49人 58人 62人 21人 3人
平成28年 357人 62人 61人 61人 67人 47人 59人 24人 4人

通学区域[編集]

住所別通学区域(平成27年4月1日から適用)[3]
芝五丁目 三田三丁目 - 五丁目 高輪一丁目
全域 全域 4番、5番
進学先中学校(平成27年4月1日から適用)[4]
小学校学校名 中学校学校名
港区立御田小学校 港区立三田中学校
東京都の小学校卒業者の進路状況[5]
卒業年度 卒業者合計 都内中学校合計 公立中学校 国立中学校 私立中学校 都外中学校合計 その他
平成23年 94,787人 93,067人 76,980人 432人 15,655人 1,558人 162人
平成24年 95,149人 93,465人 77,586人 377人 15,502人 1,540人 144人
平成25年 94,570人 92,815人 77,399人 417人 14,999人 1,608人 147人
平成26年 93,868人 92,273人 76,492人 395人 15,386人 1,449人 146人
平成27年 93,986人 92,461人 76,078人 446人 15,937人 1,370人 155人
100% 98.4% 80.9% 0.5% 17.0% 1.5% 0.2%

交通[編集]

鉄道

関係者[編集]

出身者

脚注[編集]

  1. ^ 港区立御田小学校 - 教育目標[1]
  2. ^ 東京都教育委員会 - 平成23年度 - 27年度、東京都公立学校一覧、小学校(学校別)[2]
  3. ^ 港区立小・中学校通学区域一覧表(平成27年4月1日から適用) [3]
  4. ^ 港区立小・中学校通学区域一覧表(平成27年4月1日から適用) [4]
  5. ^ 東京都の平成27年度 公立学校統計調査報告書[5]

参考文献[編集]

  • 小泉信三1966『私の履歴書』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]