港健二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

港 健二郎(みなと けんじろう)は日本の映画監督

福岡県大牟田市生まれ[1]小学生時代、三池炭坑で働く人々と身近に接し、三池争議の渦中で少年時代を過ごす[要出典]三池高校を経て、早稲田大学卒業[1]記録映画の製作会社・鹿島映画社(現・カジマビジョン)で助監督となる[要出典]34歳で独立し、映像作家として少年院の内部に迫るドキュメンタリーなどを監督[要出典]三井三池争議労働歌を作曲した荒木栄を題材にした「荒木栄の歌が聞こえる」で第27回日本映画復興会議の奨励賞を受賞[2]

主な脚本・監督作品[編集]

  • 記録映画「核トマフォーク」日本映画復興会議奨励賞
  • 科学映画「分ける」教育映画祭優秀賞
  • 科学映画「内燃機関から外燃機関へ」東京都教育映画祭銀賞
  • 産業記録映画「灼熱の砂の大地に」(日本通運
  • 広報劇映画『私の職場』(東京電力)
  • 広報劇映画『おじいちゃんのメモ帖』(福岡市)
  • 広報劇映画『お父さんの失敗』(東京消防庁)   
  • 広報ビデオドラマ「がんばれ!みどりママ」(東京消防庁)
  • NHKハイビジョンソフト「レーチェルの思い出」(北九州市)
  • 音楽ドキュメンタリー「労働者作曲家・荒木 栄」(音楽センター)
  • 火曜スペシャル「燃えるマニラの女たち~フィリッピン革命を支えた女性キャスター」(テレビ東京ギャラクシー賞
  • 素敵にドキュメント「警視庁婦人警官24時」(ABC
  • そこが知りたい「東京の中華料理店」(TBS
  • Time21「特別少年院」(日本テレビ)
  • 「ザ・ロマン 島」「櫂伝馬の伝わる島」(東海テレビ)
  • 「ふるさと紀行」 「品川硝子製造所」(東海テレビ)
  • NHK-BS2「異次元世界へ突入するゲーム」
  • テレメンタリー「ある女優の挑戦」(テレビ朝日)
  • 舞台『見えない敵』(共同演出・出演のみ)
  • 長編劇映画「ひだるか」(ひだるか製作上映委員会)2006年 カンヌ映画祭出品。審査員の好評を博すが上映には至らず。
  • 長編ドキュメンタリー映画「荒木栄の歌が聞こえる」 日本映画復興会議奨励賞
  • 長編劇映画「あした天使になあれ」(有限事業組合あし天映画製作委員会)
  • 長編ドキュメンタリー映画「花のように あるがままに~在日コリアン舞踊家・裵梨花~」(オフィス3710)
  • 長編ドキュメンタリー映画「IDOMU~山本喜洋・英美の世界」(オフィス3710)

主なプロデュース作品[編集]

  • 「喜びを歌う」(渋谷区
  • 「豊かな健康をめざして」(全国労働者共済生活協同組合連合会
  • 「見上げればひまわり」(出演・マルセ太郎:日本原水協)
  • 「核兵器のない地球を」(日本原水協)
  • 「糖尿病シーリーズ」(全5巻・構成・監督も)
  • 「チー公大作戦~メダカを救え!村長選挙」(埼玉市民映画)
  • 「産業遺産」シリーズ(構成・監督も)
    • 『黒ダイヤとよばれて~三池炭鉱と筑豊炭田』文部科学省選定
    • 『製糸家の湯~片倉館と富岡製糸場』文部科学省選定  

主な長編劇映画シナリオ[編集]

  • 「よみがえれ歌」第4回城戸賞準入選(未映画化)
  • 「洋子・32歳・夏」 第5回城戸賞ベスト4(未映画化)
  • 「歌えない日々の証に」(未映画化化)
  • 「蒼い目の星座」(初稿執筆・翼プロ)
  • 「お母ちゃんごめんね」(初稿執筆・翼プロ)
  • 「蒼白の太陽」(未映画化)
  • 「海鳴り」(仕事・未映画化)
  • 「ひだるか」(「ひだるか」製作上映委員会)
  • 「あした天使になあれ」(有限責任事業組合あし天映画製作委員会)
  • 「ひだるか2~ブロードキャステング☆バイアウト」(未映画化)
  • 「浮かぶ部屋」(製作準備中)
  • 「キアロスクーロ」(製作準備中)

主な役者活動、出演歴[編集]

劇団DAC(埼玉県)の団員として舞台出演多数。

「父の遺言」「よだかの星」「アッコちゃん」「山月記」「あらためて 国定忠治」など

2006年 映画「穢れ多き、人に非ず」

2007年 映画「罠を飛び越える女」

2009年 京都市民ミュージカル「時間旅行はいかが?」

2016年 映画「卒業」


など

脚注[編集]

  1. ^ a b あした天使になあれ ひだるか 港健二郎さん 地元で映画祭 12月1日 大牟田市 三池高同窓生が初企画 2013年11月17日 西日本新聞
  2. ^ 「三池争議支えた労働歌作曲 荒木栄の映画 奨励賞を受賞 日本映画復興会議」2010/05/07 01:00 西日本新聞