温泉寺 (下呂市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
温泉寺(おんせんじ)
Onsenji1.jpg
本堂
所在地 岐阜県下呂市湯之島680
山号 醫王霊山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 薬師如来
札所等 中部四十九薬師霊場第37番
文化財 武川久兵衛の墓[1]
法人番号 9200005010635
テンプレートを表示

温泉寺(おんせんじ)は、岐阜県下呂市にある臨済宗妙心寺派の寺院である。山号は醫王霊山。本尊は薬師如来中部四十九薬師霊場第37番霊場。

一羽の白鷺下呂温泉の源泉を知らせたという「白鷺伝説」に由来する寺である。

境内の本堂の前にある薬師如来像の下からは温泉がわきあがっており、霊泉とされている。

沿革[編集]

下呂温泉は平安時代天暦年間以前から存在していたが、1265年文永2年)に源泉が枯れてしまう。源泉が枯れてしまった翌日、飛騨川の河原に一羽の白鷺が舞い降りたのに村人が気づき、その場へ行くと温泉が湧いていた。白鷺は空高く舞い上がり、中根山の中腹の松に止まった。その松の下には一体の薬師如来が鎮座していたという。その薬師如来を安置するために、「湯島薬師堂」が創建される。

1671年寛文11年)、禅昌寺八世剛山和尚を中興開山に迎え、醫王霊山 温泉寺として再興する。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 武川久兵衛の墓”. 岐阜県. 2013年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]