温井続宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
温井続宗
時代 戦国時代
生誕 永正10年(1513年
死没 弘治元年(1555年)?
官位 兵庫助
主君 畠山義続義綱
氏族 温井氏
父母 父:温井総貞
景隆三宅長盛長綱連正室
テンプレートを表示

温井 続宗(ぬくい つぐむね)は、戦国時代武将能登畠山氏の家臣。畠山義続から偏諱を受け「続宗」を名乗る。

藤原北家利仁流温井氏能登国国人で、現在の輪島を領していた。

永正10年(1513年)、温井総貞の嫡男として生まれる。父を補佐して遊佐氏を打倒、畠山氏の実権を掌握した。弘治元年(1555年)に父が主君・畠山義綱(義続の嫡男)によって討たれたため、子・景隆と共に加賀国へと逃亡した。

その後、続宗は叔父の続基綱貞や、温井氏と縁が深い能登三宅氏を中心に反義綱派の勢力を結集させ、一族の畠山晴俊を擁立する形で謀反を起こしたが、戦闘の中で討ち死にした(弘治の内乱)。