出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
周代諸侯国
温(蘇)
国姓
爵位 子爵
国都 温邑(河南省焦作市温県
分封者 武王
始祖 蘇忿生
存在時期 紀元前11世紀 - 紀元前650年
滅亡原因
史書の記載 不明
テンプレートを表示

(おん)または(そ)は、古代中国代の国家。領域は現在の河南省焦作市温県

概要[編集]

始祖は蘇忿生中国語版であるが、それ以前は昆吾中国語版の子孫が封じられていた。

蘇忿生は妲己の父親として伝わっているが、伝承に近いという。殷周革命後に蘇忿生は武王に降って、司寇中国語版となった。

その末裔は五大夫の1人となるも、北方遊牧民族のと内通して乱を起こすが、その後、狄との関係が悪化したために出奔した。

恵王の時代には、温(蘇)子は同じく大夫の蔿国らと図って、姫頽をかついで乱を起こした(子頽の乱)。

周王室の藩屏国である中国語版前655年により滅亡したとき、虢公丑中国語版が一部勢力を従えて岳父の温(蘇)子を頼って、逃れたという記録が残っている。

紀元前650年に温(蘇)は狄によって、滅ぼされた。その末裔は遠祖の蘇忿生が司寇の地位にあったことから、寇氏と称したという。