渡部眞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡部 眞(わたなべ まこと、1953年[1] - )は、日本撮影監督東京都荒川区出身[2]日本映画撮影監督協会(J.S.C.)所属[3](元・理事)。名古屋学芸大学メディア造形学部映像メディア学科教授。

経歴[編集]

1977年、早稲田大学第一文学部演劇学科卒業[1]長谷川和彦監督の『太陽を盗んだ男』の撮影助手[4]やCMカメラマンを経て、 1981年、森田芳光監督の『の・ようなもの』で撮影監督デビュー[5]。 1986年からロサンゼルス留学[2]。1990年アメリカン・フィルム・インスティチュート(AFI)修了。2002年、名古屋学芸大学メディア造形学部教授に就任[2]。2010年、同学部映像メディア学科長 2008年から2010年まで日本映画撮影監督協会の理事を務める[1]。2012年釜山映画祭Asian Film Academy[1] の指導者。

主な撮影作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]


翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 教員組織”. 名古屋学芸大学. 2013年4月11日閲覧。
  2. ^ a b c 渡部 眞”. 株式会社ループス. 2013年4月11日閲覧。
  3. ^ 日本映画撮影監督協会メンバーリスト”. J.S.C. (2012年5月12日). 2013年4月11日閲覧。
  4. ^ Camera and Electrical Department” (英語). IMDb. 2013年4月11日閲覧。
  5. ^ 渡部眞さん 柿沼岳志さんインタビュー”. 名古屋演劇アーカイブ. 2013年4月11日閲覧。
  6. ^ ドラマ&人名検索「渡部眞」”. テレビドラマデータベース. 2013年4月11日閲覧。

外部リンク[編集]