渡邊賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 賢(わたなべ まさる、1958年 - )は、日本憲法学者行政法学者・労働法学者。法学博士北海道大学)。指導教授は深瀬忠一

研究領域[編集]

憲法における公務員労働基本権行政手続手続的デュー・プロセスの法理など憲法学のみならず憲法に関係のある労働法の分野も研究。また、アメリカ憲法カナダ行政法も研究領域としている。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

冲永賞(2007年)

主な業績[編集]

  • 「アメリカ合衆国における連邦議会の移民規制権限と司法審査」(北大法学論集 34巻5号、1984年)
  • ハーゲット・ジェームズ著「アメリカ憲法における State Action 法理の展開」(監訳、北大法学論集 35巻6号、1985年)
  • 「合衆国障害年金給付決定手続における手続保障 代理人不在の不服審査聴聞手続をめぐる判決例を素材として」(法学研究 28巻1号、1992年)
  • 判例大系刊行委員会編『社会保障・社会福祉判例大系』(分担執筆、労働旬報社、1996年)
  • 「カナダにおける河川環境の保護」(年報いわみざわ:初等教育・教師教育研究 19号、1998年)
  • 高見勝利)編『日本国憲法解釈の再検討』(分担執筆、有斐閣、2004年)
  • 『公務員労働基本権の再構築』(北海道大学出版会、2006年)
  • 『行政法』(放送大学教材、放送大学教育振興会、2018年)

などがある。この他、労働判例などの判例評釈を多く執筆している。

外部リンク[編集]