渡邊良朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 良朗(わたなべ よしろう、1952年10月10日 - ) は、日本水産学者。専門は海洋生物資源科学東京大学名誉教授。元水産海洋学会会長。科学技術庁長官賞受賞。

人物・経歴[編集]

岐阜県美濃加茂市生まれ。1971年岐阜県立岐阜高等学校卒業。1975年北海道大学水産学部水産増殖学科卒業、北海道大学大学院入学。1982年北海道大学大学院水産学研究科水産増殖学専攻博士課程修了、水産学博士。1984年水産庁東北区水産研究所研究員。1990年水産庁東北区水産研究所研究室長。1991年科学技術庁長官賞受賞。1992年水産庁中央水産研究所研究室長。1995年東京大学海洋研究所助教授。1999年東京大学海洋研究所教授。2001年水産海洋学会副会長。2005年水産海洋学会会長。2010年東京大学大気海洋研究所教授。2018年停年退職[1][2][3][4]

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
松山優治
水産海洋学会会長
2005年 - 2009年
次代:
桜井泰憲