渡邊直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 直子(わたなべ なおこ、1981年10月27日 - )は、日本の登山家

来歴[編集]

1981年10月27日、福岡県にて出生。家族の影響を受け3歳から登山を始める。10歳の時に、冬の登山を経験する。12歳の時に日本人とパキスタン人の子供達とパキスタンの雪山4700mを登り、フジテレビのニュースJAPANで放送された。

長崎大学水産学部卒業後、日本赤十字豊田看護大学看護学科卒業。看護師のかたわら登山を行う[1][2]

登山歴[編集]

補足[編集]

8000メートル峰を8座登頂成功したのは日本人女性初の記録である。また、8000メートル峰を1シーズンで3座登頂成功したこと、世界の最高峰である3座(エベレスト、K2、カンチェンジュンガ)を登頂成功したのは日本人女性初の記録である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 雑誌『山と溪谷』2020年5月号1022号(発売日2020年4月15日)JAN 4910088110507
  • 日本経経済新聞2019年6月13日発刊

外部リンク[編集]

オフィシャルホームページ https://naoko-watanabe.com/