渡邊正範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 正範(わたなべ まさのり、1952年11月4日 - )は、元競輪選手日本競輪学校第33期卒業。現役時は日本競輪選手会福島支部所属。師匠は中軍富次(28期)。

戦績[編集]

1974年6月9日取手競輪場でデビューし、初勝利を挙げた。

2012年1月5日に日本競輪学校第32期卒業の利根川勇が選手登録を削除されたため、同日より33期卒の渡邉が当時の現役最年長期にあたる選手となった。また同年2月3日に川崎競輪場で行われたA級チャレンジ決勝戦に進出(7着)した[1]

その後還暦での出走も達成したが、同年12月24日いわき平競輪場第2R・A級チャレンジ一般戦での4着を最後の出走とし、2013年1月7日選手登録消除。通算成績2936戦298勝。

脚注[編集]

  1. ^ 競走成績 - KEIRIN.JP

参考文献[編集]

関連項目[編集]