渡邊正清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡邊正清

渡邊 正清(わたなべ まさきよ、慶応2年9月9日[1]1866年10月17日) – 昭和3年(1928年9月3日)は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党)、検事弁護士

概要[編集]

1866年、長門国阿武郡萩町(現在の山口県萩市)に出生。1895年明治法律学校(現在の明治大学)を卒業。同年に判事検事登用試験に合格し、司法官試補を経て、宇都宮地方裁判所大分地方裁判所福岡地方裁判所大阪地方裁判所の検事を務めた[1]徳島地方裁判所の次席検事に昇進したが、1906年に退官し徳島市で弁護士を開業した[1]。徳島市会議員、徳島毎日新聞社監査役、日本化学工業株式会社取締役等を歴任。

1927年の衆議院補欠選挙に憲政会より立候補して当選し、憲政会と政友本党が合同して立憲民政党が成立すると、徳島支部顧問となった[1]。1928年満61歳で死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『阿波人物鑑』

参考文献[編集]

  • 『御大典記念 阿波人物鑑』(1928 徳島日日新報社)
  • 『法律論叢』(1998 明治大学法律研究所)