渡邊左武郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 左武郎(わたなべ さたけろう、1911年(明治44年)12月6日 - 1997年(平成9年)10月2日)は、日本医学者人類学者医学博士北海道帝國大學)。元札幌医科大学学長

来歴[編集]

札幌市生まれ。1928年北海道庁札幌第一中学校卒業。1931年北海道帝国大学予科修了。1935年北海道帝国大学医学部卒業。同医学部解剖学第2講座助手。1940年同臨時附属医学専門部教授1941年日本陸軍軍医徴兵される。1945年宮崎県にて終戦をむかえる。1946年北海道庁立女子医学専門学校(後の札幌医科大学)教授。1950年札幌医科大学医学部解剖学講座教授。1956年札幌医科大学大学院医学研究科解剖学担当教授。1970年札幌医科大学学長代理。1972年札幌医科大学学長に就任。1980年札幌医科大学退官。札幌医科大学名誉教授1982年財団法人北海道開拓の村理事長に就任。1986年北海道開拓記念館館長に就任(~1994年)。1987年北海道博物館協会会長に就任。1991年財団法人札幌医科大学学術振興会理事長に就任。

北海道大学医学部解剖学講座非常勤講師(1980年~1986年)、天使女子短期大学衛生看護学科非常勤講師(解剖学担当、1980年~1981年、1983年)、北海道教育大学札幌校教育学部非常勤講師(芸用解剖学担当、1982年、1984年、1986年)、札幌学院大学人文学部非常勤講師(人類学担当、1985年、1987年~1990年)や北海道札幌女子教員養成所所長(1970年~1980年)も務めた。

受賞歴[編集]

  • 北海道文化賞(1983年)
  • 北海道開発功労賞(1993年)

研究領域[編集]

専門は解剖学。解剖学の観点から形質人類学の研究なども試みている。特にアイヌの生態と適応能の人類学的研究を行った。

参考文献[編集]

  • 関秀志『渡邊左武郎小伝』(響文社、1997年)

外部リンク[編集]


先代:
新保幸太郎
札幌医科大学学長
第4代: 1972年1980年
次代:
和田武雄