渡邊フォント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

渡邊フォント(わたなべフォント)は1991年に渡辺雅俊がパブリックドメインとされていたLABO System 123に含まれていた32ドットフォントを元に変換・開発したフォントおよび、それより派生した「渡邊」あるいは「渡辺」の付くフォントの事を指す。

2003年、元になったLABO System 123のフォントがタイプバンク日立製作所デザイン研究所によって開発された商用フォントに酷似していることが狩野宏樹の指摘により発覚した。渡辺雅俊不正競争防止法のデッドコピーの禁止に基づく知的所有権を侵害していたとして[1]フォントの公開を停止した。

このフォントを基にしたフォントとして東風フォントKandataなどがあるが、前述の問題により両方とも開発終了となり公開を停止した。

後継として、KandataはXANO明朝を、東風フォントもさざなみフォントをそれぞれ開発・公開した。

出典[編集]

  1. ^ いわゆる「Watanabe フォント」と呼ばれるフォント群について

関連項目[編集]

外部リンク[編集]