渡邊ゆかり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 ゆかり(わたなべ ゆかり、1981年4月28日 - )は、北海道稚内市出身の元 女子スピードスケート選手で、現在は山梨県を登録地とする女子競輪選手

なお、競輪選手としては、渡辺ゆかりで登録されている。

来歴[編集]

白樺学園高等学校を経て、富士急行に所属していた。2009-2010シーズン終了後、富士急スケート部を退部した[1]

2000年

2002年

2003年

2005年

  • ISUワールドカップ
    • カルガリー大会 500m 2位
    • 500m 総合6位

2006年

2011年

  • 日本競輪学校 女子第1期生(適性)試験に合格[2]。同校在校競走成績は11勝を挙げ第8位[3]

2012年

  • 5月1日、競輪選手として登録された。
  • 7月1日に平塚競輪場でデビューし5着。
  • 8月30日、平塚競輪場で初勝利を挙げた[4]
  • 12月13日、西武園競輪場で行われた決勝を制し初優勝[5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]