渡辺馨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺 馨
生誕 (1936-04-24) 1936年4月24日(82歳)
出身地 日本の旗 日本
学歴 東京芸術大学音楽学部
聖チェチーリア音楽院研究科
ジャンル クラシック
職業 ソプラノ歌手
担当楽器 声楽

渡辺 馨(わたなべ かおる、1936年4月24日 - )は、日本ソプラノ歌手

経歴[編集]

1959年東京芸術大学音楽学部を卒業後、イタリア聖チェチーリア音楽院研究科に留学しピア・タッシナーリ、アルファーニ・テッリーニに師事[1]

1969年藤原歌劇団の「ラ・ボエーム」のミミ役でオペラ・デビューを果たす[1]。その後も「蝶々夫人」、「アイーダ」等のオペラに出演した[1]

1975年スペインの国際講習会ムシカ・デ・コンポラスに参加し、スペインの作曲家モンプーに認められる[1]

1977年、初めて日本のオペラに取り組み、大栗裕の「赤い陣羽織」の奥方役で出演[1]1983年日本大学芸術学部教授、2009年、同大学名誉教授に就任。

ディスコグラフィ[編集]

スペインの歌曲と民謡 1989年06月25日 アダム・エース
カンターレス〜イタリア・スペインを歌う 1993年12月 アダム・エース
「渡辺馨のベスト」イタリア篇、スペイン篇 2000年11月20日 アダム・エース

所属団体[編集]

  • 日本スペイン協会[2]
  • 日本オペラ振興会[2]
  • 藤原歌劇団[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 渡辺馨”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2014年6月11日閲覧。
  2. ^ a b c 渡辺 馨”. Researchmap. 科学技術振興機構. 2014年6月11日閲覧。
  3. ^ 藤原歌劇団正団員ソプラノ”. 藤原歌劇団. 日本オペラ振興会. 2014年6月11日閲覧。