渡辺達夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡辺 達夫
(わたなべ たつお)
生誕 1957年2月
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 農芸化学
研究機関 冨士薬品工業
静岡県立大学
出身校 東北大学理学部卒業
京都大学大学院
農学研究科博士課程修了
プロジェクト:人物伝

渡辺 達夫(わたなべ たつお、1957年2月 - )は、日本農芸化学者食品化学)。学位農学博士京都大学1988年)。

静岡県立大学食品栄養科学部教授などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1957年生まれ。

東北大学理学部化学科を卒業し、冨士薬品工業株式会社に採用された。入社後は、同社の研究部に配属され研究開発にあたった。その後、京都大学大学院農学研究科にて博士課程を修了し、同大学より博士号を取得した。

研究者として[編集]

大学院修了後は、静岡県立大学に転じ助手となり、助教授、教授と昇任した。静岡県立大学では食品栄養科学部食品生命科学科の教授を務めるとともに、大学院生活健康科学研究科食品栄養科学専攻の教授を兼務した。また、生活健康科学研究科と薬学研究科が統合され、2研究院1学府に再編されると、新設された食品栄養環境科学研究院にて教授を兼務した。2016年3月31日、静岡県立大学の食品栄養科学部の教授を退任した[1]

学会関連の活動としては、日本栄養・食糧学会では中部支部の評議員を務めた。

研究[編集]

東北大学や京都大学大学院にて化学農学を学んでおり、農芸化学(特に食品化学)を専門分野としている。酵素を利用した生理活性化合物の合成法の開発や、体熱を生み出す作用を持つ栄養成分の研究に取り組んでいる。食品としては香辛料である唐辛子に着目しており、カプサイシンなどトウガラシに含まれる成分を解析したうえで、生理活性作用について研究を行っている。トウガラシに関する研究成果を纏めた論文も発表しており、トウガラシに纏わる著書も幾つか上梓している。

略歴[編集]

  • 1957年 誕生。
  • 1980年 東北大学理学部卒業。
  • 1980年 冨士薬品工業株式会社入社。
  • 1988年 京都大学大学院農学研究科博士課程修了。
  • 1988年 博士号取得。
  • 1988年 静岡県立大学助手。
  • 1995年 静岡県立大学助教授。
  • 2006年 静岡県立大学教授。

著作[編集]

単著[編集]

編著[編集]

編纂[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「教員人事」『はばたき』132号、静岡県立大学広報委員会2016年7月1日、18頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]