渡辺貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 貞(わたなべ ただし、1944年10月 - )は、日本の計算機科学者。NEC SXシリーズ開発の中心メンバーである。北海道栗山町出身。東京大学大学院電子工学専攻修士課程修了。

概要[編集]

日本のスーパーコンピュータ技術を世界レベルまで持ち上げたコンピュータアーキテクト。NEC SXシリーズ、地球シミュレータの開発を手がけ、その後理化学研究所の開発、導入に関わっている。[1]

東京大学大学院修了後、NECに入社。NEACシリーズとACOSシリーズの互換性確保に携わる。入社数年後に通商産業省の補助を受けてスーパーコンピュータの開発に携わる。

中心メンバーとして開発に携わったSX-2は1983年に、世界初のGFLOPSを越えたスーパーコンピュータとして発表される。その後、SX-3、SX-4などのベクトル型スーパーコンピュータの開発にも関わる。これらの成果に対し、1998年に日本人初となるACM/IEEEエッカート・モークリー賞を受賞[2]

その後、海洋研究開発機構に設置された地球シミュレータの開発にも中心メンバーとして携わる。地球シミュレータは2002年に完成し、5期連続でTOP500の1位を達成。NEC SXシリーズ、地球シミュレータ設計等の功績により、2006年に日本人初のシーモア・クレイ賞を受賞[3]

NECを退社後、実効性能10ペタフロップスを目指す次世代スーパーコンピュータ(京)の開発のため、理化学研究所次世代スーパーコンピュータ開発実施本部 プロジェクトリーダーに着任。次世代スーパーコンピュータは計画途中でNEC、日立製作所の離脱によりベクトル型の部分はなくなり、スカラー型となった。2011年TOP500で2期連続1位となる[4][5][6]

経歴[編集]

受賞・栄誉[編集]

  • 1998年 ACM/IEEEエッカート・モークリー賞
  • 2005年 IEEEフェロー
  • 2006年 シーモア・クレイ賞
  • 2007年 日本計算工学会功績賞
  • 2009年 日本学士院賞「大規模・高精度計算科学に関する研究」(矢川元基と共同受賞)

脚注[編集]

[脚注の使い方]