渡辺福三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

渡辺 福三(わたなべ ふくぞう、1870年(明治3年)7月11日 - 1920年(大正9年)3月19日)は、日本建築家国会議事堂建築設計競技で、応募案が1等に当選したことで知られている。

経歴[編集]

議事堂建築案

北海道生れ。地震(1894年6月の明治東京地震?)で被害を受けた宮内省庁舎の修繕工事の際に場所付雇となる。1898年(明治31年)8月、宮内省東宮御所(赤坂離宮)御造営局技手[1]

1907年(明治40年)1月、宮内省内匠寮技手に任ぜられる[2]

1918年(大正7年)に実施された国会議事堂の建築設計競技(議院建築意匠設計懸賞募集)では、渡辺福三の名義で応募した案が1等に当選した。これは吉武東里を中心にした宮内省内匠寮の有志が作成した数案のうちの1つであった。

1920年(大正9年)3月、宮内省帝室林野管理局技師[3]に任ぜられるが、病気のためまもなく逝去した。

参考文献[編集]

  • 鈴木博之『皇室建築 内匠寮の人と作品』(建築画報社、2005年)
  • 「建築雑誌」401号(1920年)
  • 国立公文書館「帝室林野管理局技師渡辺福三叙勲ノ件」(叙勲裁可書、大正九年[1]

注釈[編集]

  1. ^ 「渡辺福三叙勲ノ件」、『皇室の建築』P429
  2. ^ 「渡辺福三叙勲ノ件」
  3. ^ 「渡辺福三叙勲ノ件」

関連項目[編集]