渡辺正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渡辺正治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 新潟県新潟市
生年月日 (1956-12-13) 1956年12月13日(65歳)
身長 161.3cm 
体重 49.5kg
騎手情報
所属団体 新潟県競馬組合
勝負服 青、白一文字
初免許年 1973年4月7日
免許区分 平地
騎手引退日 2002年1月4日
通算勝利 2945勝(地方)
経歴
所属 赤間松次(新潟)
テンプレートを表示

渡辺 正治(わたなべ しょうじ、1956年12月13日 - )は新潟県新潟市出身の元騎手地方新潟所属)。

来歴[編集]

1973年4月7日三条第7競走・マサオンワード(9頭中9着)でデビューし、2日後の同9日の第4競走・チューダホース(3戦目)で初勝利を挙げる。2年目の1974年から1990年までの間、リーディングジョッキーを13回獲得。1984年にはセントエリアスでアジャストメント、イチコウハヤタケら超一流が揃った新潟グランプリを快勝するなど、13戦12勝、2着1回という桁外れの強さを披露。1985年は県競馬所属馬として初めて中央福島)の地方競馬招待に出走し、スタートで後手を踏み道中では前が塞がるアクシデントがありながらテツノカチドキの3着と健闘。また、6歳になって大井帝王賞(11着)にも出走するなどスタンドを沸かせた[1]1991年以降は向山牧にリーディングの座を明け渡すが、同年5月16日に三条第2競走サラ系一般C6ロ・ハグロバッカスで県競馬初の通算2000勝[2]1996年には2500勝[3]を達成。森川一二三・榎伸彦・酒井忍、従弟の山田信大らとリーディング争いを繰り広げ、2001年には朱鷺大賞典でエビスヤマトに騎乗し、トーホウエンペラーの2着に入る。2002年1月4日の最終開催日をもって現役を引退するが、通算3000勝に手が届く2945勝での引退であった。

主な騎乗馬[編集]

  • セントエリアス - 1984年青山記念・新潟グランプリ、1985年新潟グランプリ、1988年朱鷺大賞典
  • ウットマン - 1992年新潟ダービー・青山記念
  • アラビアンエース - 1996年新潟アラブ優駿・東北アラブダービー・北日本アラブ優駿・越佐記念・アラブ王冠
  • トゥルーマスター - 2000年新潟アラブ優駿・新潟平成カップ

脚注[編集]

関連項目[編集]