渡辺文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 文夫(わたなべ ふみお、1948年- )は、日本の心理学者上智大学名誉教授。専攻は異文化間心理学、異文化教育。

来歴[編集]

福島県郡山市生まれ。1967年福島県立安積高等学校卒業。1972年上智大学文学部卒業。75年同大学院文学研究科修士課程修了。1979年東北歯科大学歯学部(現奥羽大学) 専任講師、86年助教授。1994年東北大学文学部助教授、1996年上智大学文学部教授総合人間科学部教授。1994年「異文化接触における認知的方略の研究-発展途上国への技術移転における事例的研究と異文化教育への応用をめざして」で上智大学博士(心理学)。この間、イースト・ウエスト・センター文化学習研究所専門研究員フィリピン心理学研究研修所異文化関係部門部長フィリピン大学大学院上級講師、アジア経済研究所研究委員

著書[編集]

  • 『異文化のなかの日本人 日本人は世界のかけ橋になれるか』淡交社 1991 日本文化のこころその内と外
  • 『異文化と関わる心理学 グローバリゼーションの時代を生きるために』サイエンス社 2002 セレクション社会心理学

共編著[編集]

  • 『地球社会時代をどう捉えるか 人間科学の課題と可能性』高橋順一共編 ナカニシヤ出版 1992
  • 『医療への心理学的パースペクティヴ』山崎久美子久田満共著 ナカニシヤ出版 1994
  • 『異文化接触の心理学 その現状と理論』編著 川島書店 1995
  • 『人間科学研究法ハンドブック』高橋順一,大渕憲一共編著 ナカニシヤ出版 1998
  • 『総合的戦略論ハンドブック』孫崎享,音好宏共編 ナカニシヤ出版 2012

論文[編集]

  • Relationship Preceds Essence: New Training Methods for Forstering Integrative Relationships Management Skills in Intercultural and Uncertain Situations in General. 2005

[1]

参考[編集]