渡辺惣樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡辺 惣樹
(わたなべ そうき)
誕生 1954年[1]
静岡県下田市[1]
職業 歴史家作家実業家[2][3]
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 東京大学経済学部卒業[1]
活動期間 2009年 -
主題 日本近現代史日米関係TPP
代表作 日米衝突の根源 1858-1908』(2011年)
日米衝突の萌芽 1898-1918』(2013年)[1]
主な受賞歴 第22回山本七平賞奨励賞[1]
デビュー作 日本開国』(2009年)
テンプレートを表示

渡辺 惣樹(わたなべ そうき、1954年 - )は日本近現代史研究家。ソーワトレーディング代表[2][3]日本開国から太平洋戦争開戦までの日米関係史を研究し、著作を発表している。『日米衝突の萌芽 1898-1918』により第22回山本七平賞奨励賞を受賞した。[1]

略歴[編集]

1954年(昭和29年)に生まれる。静岡県下田市出身。1977年(昭和52年)、東京大学経済学部卒業。日本専売公社(現・日本たばこ産業)に勤務する。1982年(昭和57年)、カナダに移住する。ソーワトレーディング代表を務める。[2]

著作[編集]

単著[編集]

翻訳[編集]

共著[編集]

記事[編集]

  • 「世界・アジア・日本 著者インタビュー 『日米衝突の根源 1858……1908』渡辺惣樹さん」、『アジア時報』、アジア調査会、2012年.1・2、 61-76頁、 ISSN 0288-0377
  • 「読書の時間 BOOK LESSON 日米衝突の根源 1858…1908 渡辺惣樹著 アメリカの対日恐怖心を抉り出す」、『正論』第480号、産経新聞社2012年2月、 274-277頁。
  • 「「日米開戦の人種的側面 アメリカの反省1944」を語る 日米戦争は「人種戦争」だった」、『歴史通』第22号、ワック2013年1月、 176-183頁。
  • 「緊急インタビュー TPPの正体と国益」、『正論』第494号、産経新聞社、2013年3月、 86-91頁。
  • 「明治 日米戦争 知られざる「原点」」、『文藝春秋』第91巻第12号、文藝春秋2013年11月、 281-283頁。
  • 「山本七平賞奨励賞受賞! アメリカの「慰安婦」騒動を解決する決定的ロジック」、『正論』第504号、産経新聞社、2014年1月、 94-105頁。
  • 「BOOK LESSON特別版 日米開戦・民事訴訟なら「ルーズベルトは有罪」 ここまで変わった米国の戦争史観」、『正論』第506号、産経新聞社、2014年3月、 184-190頁。
  • 「日米が不幸だった時代への旅を」、『正論』第507号、産経新聞社、2014年4月、 134-145頁。
  • 「参戦願望を暴(あば)いた「超A級スパイ事件」 正統派の歴史解釈に突きつけられたスパイ事件の核心部分とは」、『歴史通』第30号、ワック、2014年5月、 199-213頁。
  • 「「ルーズベルト神話」が燃え落ちる日」、『正論』第512号、産経新聞社、2014年9月、 186-199頁。
  • 渡辺惣樹、宮崎正弘 述「特別対談 TPPでアメリカが狙うのは知財侵害大国、中国封じ込め」、『エルネオス』第20巻第12号、エルネオス出版社、2014年12月、 54-57頁。
  • 「歴史論争に備えよ 南京・慰安婦論争 本当の敵はアメリカだ」、『文藝春秋special』第9巻第2号、文藝春秋、2015年.春、 172-182頁。
  • 渡辺惣樹、宮崎正弘 述「特別対談 今、日中韓の関係を読み解くために『朝鮮開国と日清戦争』を語り合う」、『エルネオス』第21巻第1号、エルネオス出版社、2015年1月、 58-63頁。
  • 「ヒラリーの新たなスキャンダル」、『Voice』第446号、PHP研究所2015年2月、 145-154頁、 ISSN 0387-3552
  • 「アメリカが見た朝鮮開国と日清戦争」、『歴史通』第35号、ワック、2015年3月、 84-95頁。

インタビュー[編集]

  • 喜多由浩 (2010年1月14日). “【著者に聞きたい】渡辺惣樹さん『日本開国』”. 産経新聞 (産業経済新聞社) 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 商品の説明「著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)」”. Amazon.co.jp (2014年12月6日). 2015年3月12日閲覧。
  2. ^ a b c 商品の説明「著者について」「著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)」”. Amazon.co.jp (2009年11月25日). 2015年3月12日閲覧。
  3. ^ a b 渡辺, 惣樹”. 国会図書館 (2009年12月14日). 2015年3月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]