渡辺広康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡辺 広康(わたなべ ひろやす、1934年5月2日 - 2004年1月11日)は、日本の実業家自民党タニマチとして知られた元東京佐川急便社長。元二子山部屋後援会会長。

来歴[編集]

新潟県北魚沼郡堀之内町(現魚沼市)で出生。1963年、渡辺運輸を設立。

1980年代に入ると佐川急便の東京進出に伴い、業務提携の後、佐川急便の系列下として東京佐川急便を設立し社長となる。

佐川急便の社員に労働基準法を無視した超長時間労働で稼がせ、作った巨額の金を、自民党の有力政治家をはじめ、読売ジャイアンツの選手やOB、芸能人(橋幸夫ら)、相撲力士(二子山部屋の力士たち)に気前良く配るタニマチとして知られた。

1986年暴力団稲川会会長石井進(石井隆匡)は当初、住友銀行による平和相互銀行乗っ取りを阻止する側として動いていたが、岸信介元首相からの電話により寝返り、乗っ取りに協力して多額の報酬を手にし、岩間カントリークラブ開発の所有権を得た。渡辺は石井にトラブルの処理を何度も頼んだことがあり、その謝礼として石井のゴルフ場開発会社の資金調達のための銀行融資の際に数億円の債務保証をした。

1987年竹下登の腹心金丸信に頼まれ、かねてより懇意の暴力団稲川会会長石井進(石井隆匡)に頼み右翼団体のほめ殺しをやめさせる工作をした。そのおかげで竹下が総理になることができた。その後、巨額の債務保証を稲川会のために繰り返し行うようになり、会社は倒産へと向かう。このことは、東京佐川急便事件として知られるようになる。1992年、指定暴力団稲川会系企業などに返済の見込みがないのに約400億円の融資や債務保証をして損害を会社に与えたとして、商法特別背任容疑で逮捕された。2003年3月に最高裁で懲役7年が確定したが、刑の執行は停止されていた。その1年後に69歳で病没した[1]

1992年2月の第123回国会予算委員会の議事録によると新日本プロレスリング社長アントニオ猪木参議院議員及び猪木が経営するアントン牧場、元広島東洋カープ監督古葉竹識が経営するテイクワン(ゴルフ場開発会社)にも東京佐川急便から巨額の金が流れていた。

脚注[編集]