渡辺和子 (アメリカ文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺 和子
人物情報
生誕 1944年7月29日
日本の旗 日本 山口県
死没 (2000-12-25) 2000年12月25日(56歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 山口大学文理学部
大阪大学大学院
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク市立大学クイーンズ校
学問
活動地域 京都産業大学
研究分野 アメリカ文学の研究
女性学の研究
主な業績キャンパスセクシュアルハラスメント全国ネットワーク」の結成を主導
テンプレートを表示

渡辺 和子(わたなべ かずこ、1944年7月29日 - 2000年12月25日)は、日本アメリカ文学研究者、女性学研究者。フェミニスト。元京都産業大学教授[1]

来歴・人物[編集]

1944年山口県生まれ。1967年山口大学文理学部卒業。1969年大阪大学大学院修士課程修了[1]。その後、1973年から1976年ニューヨーク市立大学クイーンズ校に留学[1]。この間、1967年10月に結婚、長女と長男をもうけたが、1982年11月に離婚[2]

活動[編集]

研究・論文[編集]

研究対象として、主にアメリカの女性作家や作品中の女性像を挙げ、女性学の視点を用いた研究を発表[1]

  • 「Vocationを求めるヒロインたち : The Song of the Larkを中心に The Heroines' Quest for Vocation : Focussing on The Song of the Lark」(京都産業大学論集、1985年)NII論文ID(NAID)110000161905
  • 「家庭崇拝思想 : StoweとJewett The Celebration of Domesticity in Stowe and Jewett」(京都産業大学論集、1986年)NII論文ID(NAID) 110000161917
  • 「『ムーズ』の改訂をめぐって : ルイザ・メイ・オルコットが書きたかった小説 Revision of Moods : Louisa May Alcott's Would-be-great-book」(京都産業大学論集、1987年)NII論文ID(NAID) 110000161930[5]

書籍[編集]

単著[編集]

  • 『フェミニズム小説論:女性作家の自分探し』(柘植書房、1993年)

編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「渡辺和子 年譜・著作リスト」、『女性学年報』第22号、2001年、 244-251頁。
  2. ^ 離婚の原因は、夫の暴力であった。後に、ドメスティックバイオレンスのサバイバーであることを自ら公表している。渡辺和子 「家庭内暴力のサバイバーとして」『女性に対する暴力:フェミニズムからの告発』 ウイメンズブックストア松香堂書店〈ウイメンズブックス・ブックレット〉、1998年
  3. ^ 小野和子「矢野事件と渡辺さん」、『女性学年報』第22号、2001年、 127-128頁。
  4. ^ 沼崎一郎「渡辺和子さんとキャンパス・セクシュアル・ハラスメント全国ネットワーク」、『女性学年報』第22号、2001年、 115-118頁。
  5. ^ CiNii論文 渡辺和子