渡辺克義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 克義(わたなべ かつよし、1960年[1] - )は、日本言語学者歴史学者長岡崇徳大学教授。本名、渡邊 克義(わたなべ かつよし)。

新潟県生まれ[1]。1984年に東京外国語大学ロシア語学科を卒業、1986年に東京都立大学大学院修士課程修了[2]。同年からワルシャワ大学に留学してポーランド文化・歴史を学び[3]、1990年に同大学院博士課程修了[2]。帰国後は新潟で中学校教員となる[3]。2004年東京大学大学院人文社会系研究科スラヴ語スラヴ文学専攻修了、「ポーランド人の姓名 ポーランド固有名詞学序説」で博士(文学)[1]日本学術振興会特別研究員を経て、2000年から山口県立大学助教授、教授[3][4]。2019年から長岡崇徳大学教授。 

単著[編集]

  • 『カチンの森とワルシャワ蜂起』(岩波書店、1991年)
  • 『ポーランド語作文研究』(泰流社、1992年)
  • 『ザメンホフとエスペラント』(財団法人日本エスペラント学会、1996年)
  • 『語学王 ポーランド語』(三修社、1999年)
  • 『ポーランド語 中・東欧のことばをはじめましょう』(朝日出版社、2000年)
  • 『ポーランド人の姓名』(西日本法規出版、2005年)
  • 『ポーランド語の風景』(現代書館、2005年)
  • 『ゼロから話せるポーランド語』(三修社、2006年)[『語学王 ポーランド語』改訂版]
  • 『まずはこれだけエスペラント語』(国際語学社、2009年)
  • 『ポーランド語作文教本』(東洋書店、2012年)
  • 『一冊目のポーランド語』(東洋書店新社、2017年)
  • 『物語 ポーランドの歴史 東欧の「大国」の苦難と再生』(中公新書、2017年)

編著[編集]

  • 『ポーランドを知るための60章』(明石書店、2001年)
  • 『地域から世界へ 異文化へのまなざし』編著・訳(山口新聞、2001年)
  • 『ポーランド学を学ぶ人のために』(世界思想社、2007年)
  • 『簡明日本語-ポーランド語 ポーランド語-日本語辞典』(国際語学社、2008年)
  • 『頻出順ドイツ語1200単語』(国際語学社、2011年)

共編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 梶原衛・渡辺克義『ワルシャワ通信 日本人学校教師のポーランド体験』 著者紹介、彩流社、2004年。ISBN 978-4882029595
  2. ^ a b 『ポーランド語 中・東欧のことばをはじめましょう』 著者紹介、朝日出版社、2000年。ISBN 978-4255000169
  3. ^ a b c “ポーランド語版の「ゲン」全10巻完成”. 中国新聞 ヒロシマ平和メディアセンター. (2011年8月16日). http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=4897 
  4. ^ 教員紹介”. 山口県立大学. 2017年2月22日閲覧。