渡辺克巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 克巳(わたなべ かつみ、1941年 - 2006年1月29日)は岩手県盛岡市出身の写真家新宿を舞台に活動した写真家の一人。

人物・来歴[編集]

盛岡第一高等学校定時制に通うかたわら、毎日新聞社盛岡支局で補助員の仕事に就き、写真の面白さを知る。

高校卒業後、国鉄に入社するが、写真への思いが断ちがたく1961年に上京。翌年から5年間、東條会館に勤務し、スタジオ撮影を学ぶ。

1965年から、新宿で「1ポーズ3枚1組200円」でポートレート撮影を請け負う「流しの写真屋」になる。

1973年、「カメラ毎日」6月号の新人写真家紹介ページ「アルバム」に「新宿・歌舞伎町」を発表し話題を呼ぶ。「新宿・歌舞伎町」はこの年の「アルバム」の最優秀作品に与えられる「カメラ毎日」アルバム賞を受賞。同年、写真集『新宿群盗伝』(薔薇画報社)刊行。

その後も新宿で写真を撮る一方、焼き芋屋、写真館経営などを経て「フォーカス」「週刊文春」などで週刊誌カメラマンとして活動。

1998年、写真集『新宿』により日本写真協会年度賞受賞。

2006年1月29日肺炎により死去。

2006年11月、ニューヨークのアンドリュー・ロス・ギャラリーで写真展「KATSUMI WATANABE」開催。写真展開催に合わせてアンドリュー・ロス編集による写真集「Gangs of Kabukicho」が刊行された。

2008年2月、東京のワタリウム美術館で写真展「流しの写真屋 渡辺克巳 1965-2000」展開催。

2011年4月、写真集『新宿、インド、新宿』刊行。森山大道秋山祐徳太子、小泉悦子(渡辺克巳夫人)らが寄稿している。

サンフランシスコ近代美術館に作品が収蔵されている。

主要展覧会[編集]

  • 初覗夜大伏魔殿/荻窪シミズ画廊/1974年1月13日~1月20日
  • SHINJUKU'80/新宿マーガレット/1980年4月
  • 真夜中のストリートエンジェル/銀座ニコンサロン/1980年8月
  • 渡辺克巳の新宿20年/銀座ニコンサロン/1985年1月22日~1月27日
  • ごちゃまぜ天国/コニカフォトギャラリー東京・大阪・名古屋/1993年
  • KATSUMI WATANABE/アンドリュー・ロス・ギャラリー、N.Y./2006年11月9日~12月2日
  • 流しの写真屋 渡辺克巳 1965-2005/ワタリウム美術館/2008年2月9日~4月20日
  • 渡辺克巳 写真展 1982 印度/汐花 SEKKA・BORDERLESS SPACE/2011年9月23日~10月30日

著書・写真集[編集]

  • 『新宿群盗伝』(薔薇画報社、1973年)
  • 『新宿群盗伝伝』(晩声社、1982年)
  • 『ディスコロジー』(晩声社、1982年)
  • 『新宿 1965-97』(新潮社、1997年)
  • 『Hot Dog 新宿1999-2000』(ワイズ出版、2001年)
  • 『Gangs of Kabukicho』 (PPP Editions、2006年)
  • 『新宿、インド、新宿』 (ポッド出版、2011年)

ビデオ・ディスク[編集]

  • 『ナマステ』(ビクター、1987年)

外部リンク[編集]