渡辺俊一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 俊一(わたなべ しゅんいち、1938年11月7日 - )は、日本建築学者工学博士東京大学)。専門は比較都市計画研究。元東京理科大学教授

人物[編集]

東京都生まれ。1957年新潟県立三条高等学校を経て、1961年東京大学工学部建築学科卒業、1964年ハーバード大学大学院修了。1965年東京大学助手、1978年建設省建築研究所勤務などを経て、1990年から東京理科大学理工学部教授シェフィールド大学カリフォルニア大学ミシガン州立大学ワシントン大学国立台湾大学、韓国開発研究院で客員教授等を歴任した。

受賞[編集]

  • 日本都市計画学会論文賞(1977年)
  • 日本不動産学会著作賞(1994年)
  • 土木学会出版文化賞(1995年)
  • 日本建築学会賞(1995年)
  • 日本都市計画学会国際交流賞(2003年)

著作[編集]

  • アメリカ都市計画とコミュニティ理念(1977年)
  • 比較都市計画序説-イギリス・アメリカの土地利用規制(1985年)
  • 「都市計画の誕生-国際比較からみた日本近代都市計画」(1993年)
  • 現代の都市法(共著)(1993年)
  • 市民参加のまちづくり:マスタープランづくりの現場から(1999年)
  • 市民版まちづくりプラン実践ガイド(2001年)