渡辺伸彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺 伸彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県邑智郡石見町(現:邑南町
生年月日 (1966-03-22) 1966年3月22日(52歳)
身長
体重
176 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1988年 ドラフト5位
初出場 1989年4月12日
最終出場 1999年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

渡辺 伸彦(わたなべ のぶひこ、1966年3月22日 - )は、島根県邑智郡石見町(現:邑南町)出身の元プロ野球選手投手)。阪神時代の愛称はコイト(後述)

来歴・人物[編集]

兵庫県尼崎市で生まれ、4歳まで過ごす。島根県益田東高時代は捕手だったが、地肩の強さを見込まれて3年から投手転向。1983年夏の甲子園県予選で準決勝に進むが、大田高に敗退し甲子園出場はならなかった。

高校卒業後は、広島県社会人野球チーム常石鉄工に入団。1988年都市対抗野球大会中国2次予選で初めてチームが勝利。同年のドラフト5位で阪神タイガースに入団。

1軍デビュー後の5月31日の対ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)でラリー・パリッシュ死球を与え乱闘騒ぎに。パリッシュ退場のわずか12分後、今度は中西親志にブラッシュボールを投じ再び乱闘騒ぎになり、ヤクルトの小谷正勝コーチに追いかけられ外野まで走って逃げ回った。渡辺は危険投球で退場となり、この年から導入された同ルールによるセ・リーグにおける第1号の選手となった。翌1990年、ヤクルトを退団したパリッシュが阪神に入団、キャンプで握手して仲直りした。5月1日の対ヤクルト戦でプロ初勝利を挙げるが、この試合でパリッシュが本塁打を放ち渡辺の勝利に貢献している[1]

1993年オフに古溝克之との交換トレードオリックス・ブルーウェーブへ移籍。同年にはオフの契約更改で球界初の無制限出来高契約を結ぶ。1997年にオリックスを自由契約となり、春季キャンプ横浜ベイスターズにテスト入団。

2000年に現役を引退し、横浜の打撃投手に転身。2002年からは、阪神の打撃投手をつとめている。

速球とキレのよいカーブスライダーを投げ分け、阪神では主に勝ち試合での中継ぎオリックスでは抑えとして活躍した。

捕手出身ということで肩の出来上がりが非常に早く、5・6球のウォーミングアップで登板可能であった。

愛称の由来[編集]

阪神時代の愛称であるコイトは、入団時に阪神の主力投手であった伊藤文隆に容貌が似ていたのが由来。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1989 阪神 30 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 170 41.1 30 5 18 1 3 48 3 0 20 17 3.70 1.16
1990 41 4 0 0 0 2 1 2 -- .667 304 65.1 72 9 42 4 1 53 2 0 39 37 5.10 1.74
1991 8 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 56 10.0 21 4 6 0 1 9 1 0 16 16 14.40 2.70
1992 11 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 53 11.2 6 1 12 2 0 12 0 0 5 3 2.31 1.54
1993 21 1 0 0 0 0 2 0 -- .000 142 33.0 34 2 12 2 3 31 0 0 14 14 3.82 1.39
1994 オリックス 37 0 0 0 0 3 2 11 -- .600 265 64.1 51 3 29 4 2 55 1 0 15 14 1.96 1.24
1995 32 0 0 0 0 1 2 1 -- .333 158 36.1 30 5 20 2 1 41 1 1 14 12 2.97 1.38
1996 29 0 0 0 0 3 1 1 -- .750 152 38.0 28 2 14 0 0 32 0 0 13 12 2.84 1.11
1997 23 0 0 0 0 0 2 0 -- .000 115 27.1 27 3 10 0 1 16 0 0 13 10 3.29 1.35
1999 横浜 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 30 6.0 9 0 3 0 0 6 0 0 7 7 10.50 2.00
通算:10年 237 5 0 0 0 9 10 15 -- .474 1445 333.1 308 34 166 15 12 303 8 1 156 142 3.83 1.42

記録[編集]

  • 初登板:1989年4月12日、対読売ジャイアンツ2回戦(阪神甲子園球場)、9回表に5番手として救援登板・完了、1回無失点
  • 初奪三振:1989年4月13日、対読売ジャイアンツ3回戦(阪神甲子園球場)、9回表に広田浩章から
  • 初勝利:1990年5月1日、対ヤクルトスワローズ3回戦(阪神甲子園球場)、6回表に4番手として救援登板、2回1失点
  • 初先発・初先発勝利:1990年5月27日、対中日ドラゴンズ8回戦(阪神甲子園球場)、5回1失点
  • 初セーブ:1990年7月15日、対横浜大洋ホエールズ15回戦(阪神甲子園球場)、9回表2死に3番手として救援登板・完了、1/3回無失点

背番号[編集]

  • 20 (1989年 - 1992年、1995年 - 1997年)
  • 41 (1993年)
  • 47 (1994年)
  • 65 (1998年 - 2000年)
  • 96 (2001年)
  • 102 (2002年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]