渡辺亮 (パーカッショニスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺 亮
生誕 1958年
出身地 日本の旗 日本兵庫県神戸市
学歴 武蔵野美術大学
職業 パーカッショニスト
画家
活動期間 1989年 -
公式サイト RYO WATANA BE WORKS

渡辺 亮(わたなべ りょう、1958年 - )は、日本パーカッショニスト画家東京学芸大学非常勤講師。

略歴[編集]

1958年神戸市生まれ。武蔵野美術大学卒業。同大学在学中に音楽活動を開始。ブラジルの格闘技、カポエイラにおいて使われる4つの楽器のひとつである「ビリンバウ」の使い手として知られる。ボサ・ド・マーゴのメンバーとしても活躍していたが、同グループは2007年7月1日をもって活動を休止している。

音楽・芸術活動[編集]

アルバム[編集]

  • 『Wallece Line』(ウォレス・ライン):1994年 廃盤
  • 『Morpho』(モルフォ):1997年

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]