渡辺あきお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡辺 あきお(わたなべ あきお、1949年 - )は日本のイラストレーター画家絵本作家挿絵画家。本名は渡辺秋夫。デビュー時は渡辺安芸夫という名で活動していたが、80年代後半より渡辺あきおに変更。幼児向けの絵本ではわたなべあきおという名も使用する。動物を主人公とした絵を多く描く。日本児童出版美術家連盟会員。福島県三春町出身。

略歴[編集]

  • 福島県田村郡三春町に生まれる。
  • 虫プロダクションでアニメーションの製作に携わる。
  • フォルム洋画研究所で絵画について学び、挿絵画家、イラストレーターとして仕事をする。
  • TBS系列『まんが日本昔ばなし』(MBS制作)で美術背景を担当する。
  • 油彩の制作をしながら絵本、挿絵、装丁などで活躍。
  • 1993年 絵本『ジャンボゴリラとこどもたち』(こやま峰子作)で1993年度横浜赤い靴文化賞特別賞を受賞。
  • 手がけた本や絵本、紙芝居、ポストカードブックなどは2016年までに130作品以上を数える。
  • 2000年に画集『猫のおしゃべりと海の向こうで見た風景』、2002年に第2画集『猫と出会った風景』を刊行する。

そのほか[編集]

  • 1987年『疏水と小林久敬』(山崎義人著)で第3回須藤克三記念北の児童文学賞特別賞・団体賞を受賞。
  • 1998年度にNHKラジオ「フランス語講座」の表紙を手掛ける。
  • 日本動物愛護協会、日本動物福祉協会、日本ユニセフ協会のカードにイラストを提供するなどボランティア活動への参加を行う。

出典・参考文献[編集]

  • 中西敏夫・編 『児童文学者人名辞典・日本人篇 下巻』 出版文化研究会、1999年。ISBN 978-4921067021