渡田均

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渡田 均(わたりだ ひとし、1958年5月1日 - )は広島県出身のプロ野球審判員。現役引退時の審判員袖番号は311988年の袖番号初採用時から)。

来歴・人物[編集]

関西大倉高等学校大阪体育大学時代はラグビー選手という異色の経歴であり、大学時代はフランカーとして活躍するも、腰痛のため選手を断念。その後1982年セントラル・リーグ審判員として採用された。1985年に一軍初出場を果たし、1997年より審判部主任。2009年には副部長に昇格した。(役職名変更により2011年からクルーチーフとなる。)2014年からはクルーチーフの役を解かれ一般審判員となる。 2015年10月6日、東北楽天千葉ロッテ25回戦(楽天Koboスタジアム宮城)での二塁塁審を最後に、2015年シーズン終了をもって任期を一年残して現役を引退した。 2016年より審判技術委員となる。

オールスターゲーム5回(1990年1993年1997年2003年2010年)、日本シリーズ5回(2003年2006年2007年2010年2012年)出場。オールスターでは1990年、1997年第1戦、日本シリーズでは2003年と2007年第2戦、2006年第3戦、2010年第1戦でそれぞれ球審

2009年には第2回WBCの審判員として、友寄正人中村稔良川昌美らと派遣され、2次ラウンド2組の一塁・三塁塁審を務める。 近年の審判員が球審を務める際、大半の審判員はスロートガード一体型のマスクを使用しているが、渡田は2011年シーズンまでスロートガード装着型のマスクを使用し、2012年シーズンからウィルソン社のスロートガード一体型のマスクを使用していた。2013年シーズン以降は、スロートガード一体型のマスクにスロートガードを装着している。

「誤審」を覆す[編集]

2次ラウンド2組のGAME 4、プエルトリコ-ベネズエラ戦で渡田は三塁塁審を務めた。7回表、ベネズエラのラモン・ヘルナンデスの打球は左中間フェンスを大きく越えたがグラウンドに跳ね返ってきたため、MLBより派遣された二塁塁審ウェグナーはインプレー(フェンスを越えていない)と判定し、ベネズエラのルイス・ソーホー監督が抗議した。審判団は大会規定によりビデオ判定を行おうとしたが、映像が届かず協議となり、渡田が自信を持って打球がフェンスを越えたと主張したため渡田の主張が採用され、本塁打として試合が再開された。両チームとも異議なく承諾し、試合は無事終了した。

判定に関連したトラブル[編集]

  • 2001年8月10日 東京ドームの巨人-ヤクルト戦で仁志敏久が打ったレフトポール際への当たりを渡田三塁塁審が本塁打と判定したが、ヤクルトの若松勉監督の抗議によって審判団が協議した結果、ファウルの判定となった。今度は巨人の長嶋茂雄監督が抗議することになり、合計で16分試合が中断した。セ・リーグより審判部に対して、判定に疑問がある場合には抗議を受ける前に審判全員で協議を行うよう申し入れが行われた。
  • 2001年8月16日 神宮球場のヤクルト-横浜戦で佐伯貴弘のレフトへの当たりを渡田二塁塁審がアウトと判定したが、横浜の森祇晶監督から「ワンバウンドで捕球した」という抗議を受け、28分間試合は中断した。また森監督は「試合続行を拒否した」という理由で同試合の球審だった井野修審判員から退場を命じられた。上記の巨人-ヤクルト戦から1週間足らずでの再度のトラブルに、渡田審判に対してセ・リーグから「最近の審判活動を見て、精神的に動揺しており不安がある」として10日間の休養処分(事実上の謹慎処分)が下された。
  • 2006年6月1日 横浜スタジアム横浜ベイスターズ-福岡ソフトバンクホークス戦で、多村仁の三塁線への打球を鈴木章太三塁塁審がファウルのジェスチャーをしたが、渡田球審がフェアと判定した。塁審のジェスチャーを見て多村が走るのをやめていたため、ボールが転送されて併殺となり試合終了となった。横浜の牛島和彦監督が「三塁塁審にも確認を」と抗議したが、協議・確認を行わずに試合終了を宣言、さらには場内へも「球審がフェアと認めたためダブルプレーが成立しました」としか説明せずに引き上げた。このため、場内は騒然とし、一部の観客は納得できずに夜12時近くまで球場に居座る事態となった。これを受けて横浜球団は、審判が互いに食い違う判定を行った場合には協議を行うとする野球規則9.04cの適用を行わなかったことが不適切であるとして、セ・リーグに対し提訴試合を申請したが、却下された。

審判出場記録[編集]

  • 初出場:1985年4月18日、ヤクルト対広島3回戦(神宮)、左翼外審。
  • 出場試合数:2778試合
  • オールスター出場:5回
  • 日本シリーズ出場:5回

(記録は2015年シーズン終了時)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]