渡島当別トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡島当別トンネル
概要
路線 北海道新幹線
位置 北海道木古内駅-新函館北斗駅間)
座標 北緯41度45分15.1秒 東経140度31分35.3秒 / 北緯41.754194度 東経140.526472度 / 41.754194; 140.526472
現況 供用中
起点 北海道上磯郡木古内町
終点 北海道北斗市茂辺地
運用
建設開始 2005年(平成17年)9月
完成 2009年(平成21年)8月24日
開通 2016年(平成28年)3月26日
所有 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
管理 北海道旅客鉄道(JR北海道)
通行対象 鉄道車両(新幹線専用)
技術情報
全長 8,060m
軌道数 2(複線
軌間 1,435mm標準軌
電化の有無 有(交流25,000V・50Hz
設計速度 260km/h
テンプレートを表示

渡島当別トンネル(おしまとうべつトンネル)は、北海道北斗市上磯郡木古内町を結ぶ、北海道新幹線鉄道トンネルである。木古内駅新函館北斗駅の間に位置する。全長8,060 mで、北海道新幹線の新青森 - 新函館北斗間では青函トンネル在来線海峡線として1988年から供用)に次いで、2番目に長く、すでに建設が決定している札幌までの区間も含めると、10番目に長いトンネルである。

整備新幹線の建設を担当している鉄道建設・運輸施設整備支援機構の発注により、2005年(平成17年)9月に着工した。西工区の3,880 mを鉄建建設伊藤組土建岩田地崎建設松本組共同企業体が、東工区の4,180 mを大成建設・岩田地崎建設・岩倉建設加藤組土建の共同企業体が、それぞれ受注した。トンネル外の設備の準備を進めた上で、2006年(平成18年)1月19日に西工区の掘削を開始し、3月には東工区の掘削を開始した。月進掘削距離は約100 mで両側から建設が行われ、2009年(平成21年)7月3日に貫通した。2009年(平成21年)8月24日に貫通式が行われた。その後、コンクリートの吹きつけなどの関連工事が進められた。総工費は約140億円としている。供用は北海道新幹線(新青森駅 - 新函館北斗間)が開業した2016年(平成28年)3月26日からであった。

外部リンク[編集]

 関連項目[編集]