渡刈駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡刈駅
再整備された駅跡
再整備された駅跡
とがり
TOGARI
(0.8km) 細川
所在地 愛知県豊田市渡刈町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 挙母線
キロ程 4.8km(上挙母起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
196人/日(降車客含まず)
-1972年[1]-
開業年月日 1929年昭和4年)12月18日
廃止年月日 1973年昭和48年)3月4日
テンプレートを表示

渡刈駅(とがりえき)は、かつて愛知県豊田市にあった、名古屋鉄道挙母線

旧・西加茂郡上郷町の駅であったが、中心地からは大きく離れていた。

概要[編集]

歴史[編集]

  • 1929年昭和4年)12月18日:三河鉄道が三河岩脇 - 上挙母間を開通させた際に開業。岡崎電気軌道(1927年に三河鉄道に吸収合併)が開業していた岡崎井田 - 三河岩脇間を合わせて岡崎線となる。
  • 1941年(昭和16年)6月1日:三河鉄道が名古屋鉄道に吸収合併され、同社岡崎線の駅となる。
  • 1948年(昭和23年)5月16日:岡崎線が挙母線に改称する。
  • 1973年(昭和48年)3月4日:挙母線の全線廃止により廃駅。

その他[編集]

  • 渡刈駅の周辺の挙母線跡は遊歩道の「挙母線跡緑道」として整備されている。渡刈駅跡は残存していたプラットホームなどを利用し再整備。プラットホームと待合室が再現され、「渡刈駅跡」という名の休憩所となっている。但し、当時を忠実に再現したものではない。

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
挙母線
トヨタ自動車前駅 - 渡刈駅 - 細川駅

脚注[編集]

  1. ^ 市川満「姿を消した岡崎の名鉄線」、『鉄道ピクトリアル』第370巻、電気車研究会、1979年12月、 141頁。

関連項目[編集]