渚の誓い (エア・サプライの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渚の誓い
エア・サプライシングル
初出アルバム『グレイテスト・ヒッツ
B面 レイト・ アゲイン (Late Again)
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル ポップ・ロック[1]
ソフトロック[2]
時間
レーベル アリスタ・レコード (U.S.)
ゲフィン・レコード (UK)
作詞・作曲 ジム・スタインマン
プロデュース ジム・スタインマン
エア・サプライ シングル 年表
夜明けのふたり
"Two Less Lonely People in the World"
(1983年)
渚の誓い
"Making Love Out of Nothing at All"
(1983年)
潮風のラヴ・コール
"Just As I Am"
(1985年)
テンプレートを表示

渚の誓い」(なぎさのちかい、Making Love Out of Nothing At All)は、ジム・スタインマンが作詞、作曲し、オーストラリアソフトロック・バンドであるエア・サプライ1983年ベスト・アルバムグレイテスト・ヒッツ』で最初にリリースした、パワー・バラードの楽曲。アメリカ合衆国Billboard Hot 100では、3週間にわたり2位となったが、この間に首位だったのは同じくジム・スタインマンが手がけたボニー・タイラーの「愛のかげり (Total Eclipse of the Heart)」で、スタインマン作品が頂点の2曲を占めることになった。

この曲は、他の数多くのアーティストたちによってカバーされており、その中で最も成功したのはボニー・タイラーによるものだった。

背景と録音[編集]

この曲は、ジム・スタインマンが音楽を担当した1980年の映画A Small Circle of Friends』のために書かれたテーマ曲をもとに、改作されたものである[3]

この曲は、その後、1983年のうちに楽曲を追加して発表されたもう一つのベスト・アルバム『Making Love... The Very Best of Air Supply』にも収録された。シングルのB面は、「レイト・アゲイン (Late Again)」であった[4]。エア・サプライは、その後の様々なベスト・アルバムやライブ・アルバムにこの曲を収録しており、2005年のアルバム『The Singer and the Song』には、アコースティック・バージョンを収録した[5]

スタインマンは、「愛のかげり」とともにこの曲を、ミートローフのアルバム『真夜中の彷徨 (Midnight at the Lost and Found)』のために提供したが、ミートローフのレコード会社はスタインマンに楽曲使用料を支払うのを拒んだため、結局ミートローフは自分でアルバムのために代わりの楽曲を書くことになった。その後、これらスタインマンの曲はボニー・タイラーエア・サプライに提供された[6]

1983年の時点で、エア・サプライは、サポート・ミュージシャンの編成を、スタジオでもツアーでも、それまでの体制から大幅に再編していた。しかし、豪華なロック・オペラ的なプロデュースで知られるスタインマンは、ブルース・スプリングスティーンEストリート・バンド英語版のメンバーであるキーボードロイ・ビタン英語版ドラムスマックス・ワインバーグ英語版を迎え、レコーディングにおいて音楽面でスプリングスティーン同様のエネルギーを盛り込んだ。1970年代グラムロックのアイコンだったリック・デリンジャーエレクトリック・ギターのソロを担当しており、これによって「渚の誓い」は他のほとんどのエア・サプライの楽曲とは大きく異なったサウンドになっている。

ミュージック・ビデオ[編集]

エア・サプライのバージョンには、複数のビデオが存在する。

ひとつのバージョンでは、1960年代ニューヨークを舞台に、兵士と若い女性が、関係を結ぶ中で様々な困難に直面する展開を見せながら、合間にバンドが演奏する場面が挿入されている[7]

チャート[編集]

チャート(1983年 - 1984年) 最高位
アメリカ合衆国の旗 Billboard Hot 100 2
アメリカ合衆国の旗 Adult Contemporary [8] 2
イギリスの旗 全英シングルチャート 80
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ・シングル・チャート 5

パーソネル[編集]

+ 当初、1983年にアルバムが発表された際には、スティーヴ・バスロウの名前はクレジットされていなかった[10]。しかし、その後、この誤りは訂正された[11]

ボニー・タイラーのバージョン[編集]

渚の誓い
ボニー・タイラーシングル
初出アルバム『Free Spirit
リリース
ジャンル ポップ・ロック
時間
作詞・作曲 ジム・スタインマン
プロデュース
テンプレートを表示

この曲は、後に、ウェールズ出身の歌手ボニー・タイラーによってカバーされ、彼女のアルバム『Free Spirit』に収録された。このバージョンは、言葉のないコーラスで始まり、雷鳴と鐘の音が響き、それに続いてピアノの旋律が流れ始める。ピアノの旋律にかぶせて、タイラーの母であるエルシー・ホプキンス (Elsie Hopkins) が歌う、プッチーニの『蝶々夫人』のアリアある晴れた日に (Un bel dì vedremo)」の抜粋が流される[12]

Allmusic は、このバージョンについて、「素晴らしい、8分近い大作で、完璧に彼女の声に合っているようだ。(エア・サプライのバージョンで)この曲は既に偉大な曲であるが、彼女のバージョンも格別である。(fantastic, clocking in at nearly eight minutes, and seems perfectly suited for her voice. [Air Supply's] version was already great, but hers is awesome.)」と述べている[13]。このバージョンの制作は、スタインマンとともにスティーヴン・リンコフ英語版が共同プロデューサーとして関わり、ニューヨークザ・ヒット・ファクトリーで行われた。

歌詞[編集]

タイラーのバージョンでは、歌詞の一部が書き換えられており、このタイラー版の歌詞は、さらに後にカバーしたカリーン・ハナー (Karine Hannah) にも踏襲された。

ロリー・ドッドのデモ・バージョン[編集]

1982年ロリー・ドッドが歌ったバージョンも存在している。伴奏は、スタインマンのピアノだけで、スタインマンはイントロやブリッジの所で、何種類かのバリエーションを試みながら弾いている[14]

歌詞[編集]

ブリッジに続いて、エア・サプライ版にはない2連の歌詞が歌われ、その後に、エア・サプライ版の最後の2連が歌われる。タイラー版の歌詞は、用いられていない。

チャート[編集]

チャート(1995年 - 1996年) 最高位
ベルギー (Ultratop 50 Flanders)[15] 2
オランダ (Dutch Top 40)[16] 17
UK Singles (Official Charts Company)[17] 45

脚注[編集]

  1. ^ Making Love Out of Nothing at All - Air Supply - Song Info - AllMusic”. allmusic.com. 2017年2月23日閲覧。
  2. ^ VH1’s 40 Most Softsational Soft-Rock Songs”. Stereogum. SpinMedia (2007年5月31日). 2016年7月31日閲覧。
  3. ^ A SMALL CIRCLE OF FRIENDS Main Title Theme - YouTube
  4. ^ Special Sub-Topic: 'Making Love Out Of Nothing At All'”. FunTrivia.com. 2006年12月9日閲覧。
  5. ^ Air Supply: The Singer And The Song”. CD Baby. 2006年10月22日閲覧。
  6. ^ Adams, Cameron (2006年10月26日). “Meat Loaf's a Hell raiser”. Herald Sun. http://www.news.com.au/heraldsun/story/0,21985,20642893-5006024,00.html 2006年10月26日閲覧。 
  7. ^ Air Supply - Making Love Out Of Nothing At All - YouTube
  8. ^ Whitburn, Joel (2002). Top Adult Contemporary: 1961-2001. Record Research. p. 17 
  9. ^ Air Supply - Making Love Out of Nothing at All -- The (Almost) Complete Meat Loaf and Jim Steinman Lyric Archive Retrieved 3-16-2014.
  10. ^ a b Air Supply - Greatest Hits - Discogs
  11. ^ Air Supply- Greatest Hits (1983) liner notes (lists Steve Buslowe's name and contribution at the end). "Accessed" 8-22-2013.
  12. ^ Free Spirit (booklet). Bonnie Tyler. East West Records. 1995. 0630-12108-2。 |titlelink=引数は非推奨です。 (説明)
  13. ^ Bonnie Tyler: Free Spirit”. Allmusic. 2006年10月22日閲覧。
  14. ^ Phanton of the Paradise”. Evil Nickname. 2017年3月25日閲覧。
  15. ^ "Ultratop.be – Bonnie Tyler – Making Love (Out Of Nothing At All)" (in Dutch). Ultratop 50. 2015年4月4日閲覧。
  16. ^ "Nederlandse Top 40 – Bonnie Tyler" (in Dutch). Dutch Top 40. 2015年4月4日閲覧。
  17. ^ "Official Singles Chart Top 100". UK Singles Chart. 2015年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]