渋谷隆太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渋谷 隆太郎(しぶや りゅうたろう、1887年4月5日 - 1973年4月8日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将。最後の海軍艦政本部長を勤める。杉政人上田宗重らと同様に機関科出身者として最初の海軍大将候補であった[1]


経歴[編集]

福井県出身。渋谷徳蔵の長男として生まれる。1910年4月、海軍機関学校(18期)を卒業。同年12月、海軍機関少尉任官。1916年12月、海軍大学校機関学生となり、1918年12月、戦艦比叡分隊長に着任。1919年12月から海軍大学校選科学生として学び、翌年12月、艦政本部員(第5部)となる。

1925年8月、横須賀工廠造機部員となり、造兵監督官(米国出張)、舞鶴要港部員などを経て、1930年12月、機関大佐に昇進し艦政本部第4部員となった。その後、横須賀工廠造機部長となり、1936年12月、海軍少将に進級した。

1937年12月、海軍技術研究所理学研究部長に就任、呉工廠造機部長、広工廠長を歴任し、1940年11月、海軍中将となった。太平洋戦争を呉工廠長として迎えた。その後、艦政本部出仕(藤原行政査察使随員)を経て、艦政本部長として終戦を迎え、1945年11月、予備役に編入された。

戦後、生産技術協会を主宰し、旧日本海軍の技術資料を収集、その成果は生産技術協会『旧海軍技術資料 第1編』(全5冊)としてまとめられた。

渋谷文庫[編集]

戦後に収集した旧日本海軍の技術資料のうち約4,400点は1994年3月に神戸商船大学(現在の神戸大学海事科学部)に移管され、現在は神戸大学付属図書館に保管されており、「渋谷文庫」と呼ばれている。この中には臨機調事件に関する資料が残されているなど、日本海軍の機関関係の貴重な一次資料である。

参考[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『帝国海軍士官入門』p.217

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 雨倉孝之『帝国海軍士官入門』光人社NF文庫、2007年。ISBN 978-4-7698-2528-9