渋谷氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渋谷氏(しぶやし)は、日本氏族桓武平氏秩父氏の一族から分派し、日本全国へと広まった。代表的な一族に下記が挙げられる。

概要[編集]

渋谷氏の人物は、平安時代末期の渋谷重家(河崎重家)、渋谷重国渋谷金王丸が知られる。その内の一人、渋谷重国の次男である高重和田義盛の乱に加担したため相模国渋谷荘を没収され、それが後に重国の長子光重に与えられる。光重はさらに、宝治合戦の恩賞として薩摩国の高城郡・東郷別府・入来院・祁答院を下賜された。光重はそれらを自らの6人の男子に分割、長男の重直に相模国の渋谷荘を与えたのが相模渋谷氏として存続し、次男の実重に薩摩国の東郷別府を、三男の重保に同国の祁答院を、四男の重茂(重諸とも)に同国の鶴田を、五男の定心に同国の入来院を、六男の重定に同国の高城を与えたのが薩摩渋谷氏の始まりとなる。

相模渋谷氏[編集]

相模国高座郡渋谷荘により本貫地の渋谷を名字とした。現在の神奈川県大和市藤沢市綾瀬市一帯に勢力を張った一族。現在の東京都渋谷区一帯も領地としており、後には分家が在住した。小田急江ノ島線の駅名、高座渋谷は、旧・高座郡渋谷村に由来する。

薩摩渋谷氏[編集]

渋谷光重の子、または孫が宝治2年(1248年)に薩摩に移住し、それぞれ薩摩東郷氏祁答院氏鶴田氏入来院氏高城氏となった。なお、彼らは最初から東郷氏や入来院氏、祁答院氏を称したわけでなく、現在の姓に改姓した具体的な年はほぼ不明である。それでも系図は、領地を分与された光重の子らを初代に数えている。

また、東郷氏の分流の白浜氏の一族は江戸時代に渋谷氏に復す。この一族の渋谷貫臣の娘は薩摩藩藩主島津宗信の生母である。

略系図[編集]

平将恒
 
 
 
秩父武基
 
 
 
秩父武綱
 
 
 
小机基家
 
 
 
河崎重家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋谷重国 中山重実
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光重 高重 時国 重助 重近
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[相模渋谷氏]
舟木重直
[東郷氏]
早川実重
[祁答院氏]
吉岡重保
[鶴田氏]
大谷重茂
[入来院氏]
曽司定心
[高城氏]
落合重定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東郷忠重 祁答院重尚 鶴田重行 入来院明重 高城重秀

渋谷氏の氏神[編集]

東郷元帥一族伝記』[要文献特定詳細情報]によると、薩摩に下向した渋谷一族の氏神は以下のとおり。

なお、上記の氏神は一族での氏神であり、この他に家ごとの氏神がいた。例えば、東郷実友の家およびその本家筋の家では紫尾権現親大明神が氏神として祭られていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]