渋谷怪談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渋谷怪談
監督 堀江慶
脚本 福谷修
原案 柴田一成
出演者 水川あさみ柏原収史森下千里鈴木繭菓弓削智久和田聡宏堀北真希左近香澄
音楽 Rings
主題歌 「メランコリック」清家千晶
撮影 百束尚浩
編集 松田和茂
配給 ビターズ・エンド
公開 日本の旗 2004年2月7日
上映時間 71分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 渋谷怪談2
テンプレートを表示

渋谷怪談』(しぶやかいだん)は、日本ホラー映画2004年2月7日、続編『渋谷怪談2』と同時公開。都市伝説を題材とし[1]東京都渋谷区を舞台とした作品である。

ストーリー[編集]

女子大生の八島リエカは友人たちとキャンプを楽しんだ後、赤ん坊の声のような奇妙な幻聴に悩まされ始める。やがてキャンプ仲間が次々に失踪し、変死してゆく。続出する怪現象の中で生き残ったリエカと宮野良平は、キャンプ時に利用した渋谷コインロッカーが、かつてのコインロッカーベイビーの現場と知る。渋谷には、幸せを呼ぶコインロッカーの噂がある一方、そのロッカーを使った者は呪われるという噂もあった。リエカたちは呪いを止めるべく、そのコインロッカーへと向かう。

登場人物[編集]

八島 リエカ(やじま リエカ)
演 - 水川あさみ
帝都大学2年生。アルバイトで綾乃の家庭教師を務めている。仲間たちとのキャンプの後に怪現象に遭遇し始め、次々に仲間を失いながらも、恐怖の中で一連の謎を追う。
宮野 良平(みやの りょうへい)
演 - 柏原収史
広尾大学2年生。リエカたちのキャンプのメンバーの1人。一連の怪事件の中、リエカとともに最後まで生き残り、ともに事件の謎を追う。
松川 夕菜(まつかわ ゆうな)
演 - 森下千里
リエカの大学での友人で、キャンプのメンバーの1人。リエカとの買物の途中、ブティックの試着室に入ったまま消息を絶つ
深見 愛(ふかみ あい)
演 - 鈴木繭菓
リエカの大学での友人で、キャンプのメンバーの1人。彰彦と親しくなるが、後に廃人同様の状態で夜の渋谷をさまよっているところを保護される。
高原 圭太郎(たかはら けいたろう)
演 - 弓削智久
良平の大学での友人で、リエカたちのキャンプのメンバーの1人。キャンプ中に一同を驚かせようと水子地蔵の首を折っており、一連の元凶が自分だと思い始める。
柳 彰彦(やなぎ あきひこ)
演 - 和田聡宏
良平の大学での友人で、リエカたちのキャンプのメンバーの1人。愛と親しくなるが、愛の失踪後、彼女の部屋で廃人同様の状態をリエカに発見され、目の前で変死する。
久保 綾乃(くぼ あやの)
演 - 堀北真希
リエカが家庭教師を務める先の教え子。渋谷向陽中学の3年生。母を亡くし、父とも疎遠な生活を送っており、リエカを唯一頼れる存在としている。続編以降の『渋谷怪談2』『サッちゃん 続・渋谷怪談』にも登場する。
掛沢 裕一(かけざわ ゆういち)
演 - 永澤俊矢
保護された愛の担当医。
村松 恵(むらまつ めぐみ)
演 - 原史奈
掛沢の助手。
サッちゃん
演 - 左近香澄
少女の。渋谷の町外れのコインロッカーを使った者を次々に呪い殺す。「サッちゃん」の名は、かつて死体で発見されたコインロッカーベイビーに警察が名づけた仮の名前。

制作・エピソード[編集]

かつて恐怖の対象だった妖怪幽霊が憧憬の対象となり、かわって都市の闇を具現化した都市伝説が恐怖の対象となった現代の時代背景をもとに製作された作品であり[2]、「だるま」「星を見る少女」「コインロッカー・ベイビー」など、著名な都市伝説が作中の題材とされている[3]。渋谷を舞台としたのは、日本の繁華街は都市伝説に不可欠である若者たちの流行や噂話の発信源であり、無数の都市伝説を吸収して膨張する巨大な舞台装置と考えられたことによる[2]。しかしながらロケーション撮影上の事情もあり、渋谷の空気感が希薄との指摘もある[4]

製作発表時は、特撮テレビ番組百獣戦隊ガオレンジャー』で一躍有名となった新鋭・堀江慶が監督を務めることや[1]水川あさみ堀北真希ら、フレッシュ、実力派、個性派の俳優たちの出演が話題となった[5][6]。堀江にとっては、商業作品で監督を務めたのは本作が初である[7]。水川については、次々に起こる奇怪な事件の中で最後まで生き残る主人公として、それにふさわしい感性を持つ俳優として堀江が強く推薦したことで出演に至った[7]。水川の本作での演技は、2014年公開の『バイロケーション』での主演時にも生かされることとなった[8]。後のシリーズ展開においては、堀北や森下千里が人気を得る前に出演していた作品として注目された[9]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

  • 主題歌「メランコリック」(作詞・作曲・歌:清家千晶
渋谷怪談
著者 福谷修
発行日 2004年1月12日
発行元 竹書房
ジャンル ホラー小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
ページ数 239
次作 サッちゃん 続・渋谷怪談
公式サイト 渋谷怪談
コード ISBN 978-4-8124-1453-8
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

DVDリリース・派生作品[編集]

本作上映に先駆けて2004年1月12日、原作小説『渋谷怪談』が発行。この小説には久保綾乃を主人公とした本作以降のエピソードも含まれており、このエピソード部分の映画化作品が、本作と同時公開された続編『渋谷怪談2』である。

同年6月25日、本作のDVD化作品である『渋谷怪談 デラックス版』、『渋谷怪談2』のDVD化作品『渋谷怪談2 デラックス版』、両作品を同梱したDVD-BOX『渋谷怪談BOX』が同時発売された。

後にはさらに続編『サッちゃん 続・渋谷怪談』『渋谷怪談 サッちゃんの都市伝説』『渋谷怪談 THE リアル都市伝説』が、小説、インターネットテレビ、映画など様々なメディアミックスで発表され、2006年には全国のアミューズメント施設で『渋谷怪談 コインロッカーのサッちゃん』が上映された。

2008年4月23日、これまでの映像作品をすべて網羅するDVD-BOX『渋谷怪談 “最凶”大全集』が発売。前述の『コインロッカーのサッちゃん』は、これが初ソフト化となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 押し寄せる新陳代謝の波、そしてホラー… 2004、今年のシブヤはどうなる?”. シブヤ経済新聞. 花形商品研究所 (2004年1月2日). 2018年8月3日閲覧。
  2. ^ a b 福谷 2004, pp. 236-239
  3. ^ DVD特典映像「都市伝説案内」より。
  4. ^ 小宮山敏生他 『最恐ホラー大全 邦画編 日本の恐怖映画を徹底紹介』 山崎健司編、メディアックス 〈MEDIAX MOOK〉、2004年、9頁。ISBN 978-4-89613-998-3
  5. ^ 渋谷怪談”. シネマトピックス. 2011年7月17日閲覧。
  6. ^ ジャパニーズ・ホラー「渋谷怪談」公開、舞台挨拶も”. シブヤ経済新聞. 花形商品研究所 (2004年2月9日). 2011年7月17日閲覧。
  7. ^ a b DVD特典映像のインタビューより。
  8. ^ “水川、自分に殺される!?ホラー映画で1人2役”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社): p. 2. (2013年6月24日). オリジナル2013年11月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131101050847/http://www.sanspo.com/geino/news/20130624/oth13062405060011-n2.html 2018年8月3日閲覧。 
  9. ^ “小6アイドル、銀幕デビュー 最年少グラビアで人気の紗綾、12歳です”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社): p. 24. (2005年12月29日) 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]