渋谷崇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

渋谷 崇(しぶや たかし、1974年12月28日 - )は、青森県青森市出身のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

紹介[編集]

FJ1600レースにデビューし、1999年にはフォーミュラ初優勝を飾る。その後、資金難の為に地元青森のモナコサーキットに勤務しながらミッションカートに参戦。

初参戦のスポーツランドSUGO本コースでの全国大会ではコースレコードを樹立。

2002年に上京しオートスポーツレーシングに所属しF4参戦。2003年のFJ1600開発参戦を経て2004年からは単身フォーミュラ・ルノーアジアに参戦、

セパンや上海で表彰台にあがる。同年にはノービスクラスチャンピオンになり、マカオで表彰される。ここでスコット・スピードブルーノ・セナアイルトン・セナの甥)に出会う。

2005年もフォーミュラルノーに参戦、開幕の初参戦上海で表彰台に立つ

フォーミュラのレース時代より、ほとんどクラッシュや車両を壊さないことから草耐久レースへのオファーを受ける。

タイヤに優しく、燃費をセーブ、またトラブルが起きた車両の最終スティントで5速ギヤのみで周回を重ねてチームを完走に導いた。

レース戦歴[編集]

  • 1997年 - FJ1600 仙台ハイランドテスト
  • 1998年 - FJ1600 エビスシリーズ(ランキング5位)
  • 1999年 - FJ1600 エビスシリーズ(優勝1回、ランキング2位)
  • 2000年
    • FJ1600 東北シリーズ
    • SLカート全国大会(FC-2ミッションカート) 予選ポールポジション(コースレコード)
    • グランナショナルシリーズ(ミッションカート125cc)
  • 2001年
    • グランナショナルシリーズ参戦
    • FJ1600 エビス スポット参戦2位
    • Formula-Korea F1800 HANKOOK テスト
    • Formula4(F-4) AUTOSPORTS Jr.チームオーディション参加
  • 2002年 - Formula-4 東日本シリーズ スポット参戦 AUTO SPORTS jr. with LeBeausset(ル・ボーセ
  • 2003年
    • Formula-4 TC pro テスト
    • FJ1600 富士シリーズ スポット参戦 2位
  • 2004年 - Formula Renault Asia

              Rd.1 Zhuhai(珠海)予選総合2位 ノービスクラス 優勝

              Rd.2 Zhuhai(珠海)ノービスクラス 優勝

              Rd.3 Sepang 総合8位  ノービスクラス 優勝

              Rd.4 Sepang 総合3位(ファステストラップ)クラス優勝

              参戦休止

              Rd.9 Zhuhai Retire

              Rd.10 Zhuhai 10位

              参戦休止

             ノービスクラスチャンピオン獲得

              Rd.1 Shanghai(上海)総合5位

              Rd.2 Shanghai(上海)総合3位

              参戦休止

              Rd.5 Sepang 総合7位

              Rd.6 Sepang 総合4位

              参戦休止

  • Netz Cup ALTEZZA ワンメイク

              ファイナル Fuji Speedwey  15位

  • 2012年 - SUGO耐久レース(シビック)

              予選 クラス2位

              決勝 クラス優勝

主な活動[編集]

SUPER GT、海外のレースを目指し活動中(現在は複数メーカーの車両開発、イベント、ドライバーの仕事を兼任) セーフティートレーニングやエコDriveトレーニング、インストラクターを含め、車社会へ広く携わる。

レース参戦に並行して、自動車メーカーのイベントの企画、運営業務を行う

外部リンク[編集]