渋谷城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
logo
渋谷城
東京都
渋谷城の本丸跡(金王八幡宮境内)
渋谷城の本丸跡(金王八幡宮境内)
別名 金王丸城
城郭構造 平山城
築城主 渋谷氏
築城年 平安時代末期
主な城主 河崎基家渋谷金王丸
廃城年 大永4年(1524年)頃
遺構 特に無し
指定文化財 なし
再建造物 なし
位置 北緯35度39分28秒
東経139度42分23秒
城内に残る石垣の一部

渋谷城(しぶやじょう)は現在の東京都渋谷区に存在した日本の城平山城)である。

概要[編集]

平安時代末期から渋谷氏が住んでいた。城には渋谷川を水源に水堀をめぐらされていた。

歴史[編集]

平安時代[編集]

河崎基家が没した後、息子の渋谷金王丸がこの城の城主になった。

室町時代[編集]

大永4年(1524年)の北条氏綱による関東攻略の際に、この城は後北条氏の別働隊によって焼失し、渋谷氏は滅んだ。

現代[編集]

現在は金王八幡宮になっており遺構は残っていないが、境内には城の石とされる石が1点が保存されている。 神社の前に有る道路は堀を兼ねた小川であったとも言われる。NHKのテレビ番組ブラタモリでも渋谷城が紹介された事がある。

アクセス[編集]

所在地[編集]

東京都渋谷区渋谷3丁目5(地図

外部リンク[編集]