渋谷区立中幡小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渋谷区立中幡小学校
Nakahata Elementary School
中幡小学校-5.JPG
中幡小学校
(2014年12月31日撮影)
過去の名称 東京府豊多摩郡代々幡町立中幡尋常小学校
東京都渋谷区立中幡小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 渋谷区
設立年月日 1931年(昭和6年)4月28日
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
小学校コード 213180
所在地 151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷三丁目49番1号
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

渋谷区立中幡小学校(しぶやくりつ なかはた しょうがっこう)は、東京都渋谷区幡ヶ谷三丁目にある公立小学校。幡ヶ谷三丁目の住宅地に所在する。

概要[編集]

中幡小学校は京王新線幡ヶ谷駅の北西約0.4キロメートルに位置する。幡ヶ谷駅北口から甲州街道に出て、西に少し行って右折し、道に沿って2度屈曲して「七号通」バス停横で水道道路を横断し、坂を下ると学校の校庭とその奥の鉄筋4階建ての校舎が目に入る。南側は公道に面した住宅街で南門があり、東側は公道に面した住宅地で通用門がある。北側は住宅地で正門がある。西側は住宅地である。

沿革[編集]

経緯

中幡小学校は、1931年(昭和6年)4月、東京府豊多摩郡代々幡町立中幡尋常小学校として設立された[1]。校名は設立時の所在地名が代々幡町大字幡ヶ谷字中幡ヶ谷だったことによる。

設立時の規模は13学級編成(4学年のみ3学級で他は2学級)で児童数は765名であった。その後児童数が増していって、1941年(昭和16年)には全学年4学級の24学級編成で児童数は1400名を超えた。1945年(昭和20年)の終戦直後は、第二次世界大戦で校舎が全焼し、校区も大部分が焼失したため児童数が激減して200名あまりとなった。その後、戦後の復興とともに児童数は増えて、昭和30年代前半にはまた1400人台に達したが、その後、少子化などの影響で漸減して、最近は300人台まで落ちている。

昭和20年5月25日の空襲で校舎が全焼したとき、一時、幡代国民学校に移転し、終戦後の10月には富士見女子商業学校の校舎を借りて移転、さらに翌年4月には3年生以上が代々木中学校舎に移転して授業を行った。 そして1948年(昭和23年)4月、旧敷地に新校舎が落成し、ようやく全児童が復帰した。

また、校名は1941年(昭和16年)に国民学校令施行により中幡国民学校となったが、戦後の学制改革によって、東京都渋谷区中幡小学校に校名変更した。2000年(平成12年)に地方自治法改正により東京都の冠を取り、渋谷区立中幡小学校と校名変更した。

年表
  • 1931年(昭和6年)4月28日 - 東京府豊多摩郡代々幡町立中幡尋常小学校開校。
  • 1941年(昭和16年) - 国民学校令施行のため、東京市中幡国民学校に校名変更。
  • 1943年(昭和18年) - 東京都制施行により、東京都中幡国民学校となる。
  • 1944年(昭和19年)8月 - 静岡県興津蒲原富士川に集団疎開。翌1945年4月、残留児童が富山県福野町井口村に集団疎開。
  • 1945年(昭和20年) - 5月25日、空襲により校舎全焼、一時幡代国民学校に移転(残留児72名)。 6月、静岡県への疎開児童が青森県弘前市へ再疎開。 8月、終戦。 10月、富山県、青森県への疎開児童が帰校。
  • 1947年(昭和22年) - 文部省令により東京都渋谷区中幡小学校となる。
  • 1948年(昭和23年) - 校舎落成し、富士見ヶ丘女子商業、代々木中学の教室を借りての仮校舎から児童復帰。
  • 1952年(昭和27年) - 校舎増築し落成。
  • 1958年(昭和33年) - 校舎建替え落成。
  • 1963年(昭和38年) - 講堂兼体育館新築し落成。
  • 1966年(昭和41年) - 鉄筋コンクリート造校舎が落成。
  • 1973年(昭和48年) - 鉄筋コンクリート造増築校舎が落成。
  • 1989年(平成元年) - 渋谷区研究奨励校(文学的教材読解)の指定。
  • 1994年(平成6年) - 渋谷区研究推進校の研究発表(生活科、社会科)。
  • 1997年(平成9年) - 体育館温水プールが作成。渋谷区研究奨励校の指定。
  • 2000年(平成12年) - 渋谷区立中幡小学校に校名変更。
  • 2001年(平成13年) - 渋谷区研究推進校の指定。
  • 2003年(平成15年) - 渋谷区研究推進校の研究発表。
  • 2006年(平成18年) - 国立教育政策研究所教育課程研究指定校の指定。渋谷区研究推進校の研究発表。
  • 2012年(平成24年) - 渋谷区研究指定校(国語科)の指定。
  • 2013年(平成25年) - 渋谷区研究指定校の指定[2]

教育方針[編集]

教育目標[3]
「礼儀正しく思いやりのある人間」「社会に貢献しようとする人間」「個性と創造力豊な人間」
児童数と教員数[4]
年度 児童総数 1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生 教員数 職員数
平成23年 388人 48人 60人 68人 67人 73人 72人 19人 6人
平成24年 357人 38人 47人 63人 69人 65人 75人 18人 7人
平成25年 338人 57人 37人 49人 61人 70人 64人 20人 5人
平成26年 343人 66人 59人 36人 51人 61人 70人 19人 4人
平成27年 315人 44人 63人 59人 37人 50人 62人 18人 4人
平成28年 339人 83人 43人 63人 61人 39人 50人 21人 3人
平成29年 366人 75人 81人 43人 66人 60人 41人 25人 4人
平成30年 387人 58人 76人 81人 45人 67人 60人 26人 4人

学校行事[編集]

放課後クラブ[5]
放課後クラブは、保護者の就労状況にかかわらず、全ての児童を対象とし、学校や地域との連携により、児童一人一人を健やかに育てていくための事業です。校庭、体育館、図書館、特別教室など、学校施設を活用して活動します。
校外学習[6]
渋谷区立小中学校の児童・生徒たちが、校外学習を行う宿泊施設があり、学校が使用しない期間は社会教育団体に開放しています。利用資格は区内在住、在勤者を主とする社会教育団体。
  • 山中高原学園 - 〒401-0501 山梨県南都留郡山中湖村山中263(℡0555-62-0595)
  • 冨山高原学園 - 〒299-2216 千葉県南房総市久枝784(℡0470-57-2130)

通学区域[編集]

子供が通学する学校は、住所により指定されている、また、2004年(平成16年)から学校選択希望制を導入しており、入学を希望する学校を選べる。学校選択希望制は、現行の通学区域を維持したうえで、通学区域外の学校を希望することが出来る制度で、特色のある学校づくりや地域に開かれた学校づくりを推進し、区民から選ばれる学校づくり等を図る[7]
住所別通学区域
幡ヶ谷二丁目 幡ヶ谷三丁目 笹塚三丁目 本町五丁目 本町六丁目
35番、38番、43番、45番
49番、51 - 56番
1 - 36番
38 - 81番
40 - 55番 34 - 47番 33 - 43番
通学区域では調整区域を設けている、通学の距離等を考慮し保護者の申請により指定校の変更が出来る区域[8]
調整区域
希望校 指定校 町丁名
中幡小学校 笹塚小学校 幡ヶ谷三丁目 37番

進学先中学校[編集]

住所別通学区域
代々木中学校 笹塚中学校
幡ヶ谷一丁目1 - 9番、13 - 34番
幡ヶ谷二丁目1 - 19番、39 - 42番、44番、46 - 48番、50番
笹塚一丁目 - 三丁目全域
幡ヶ谷一丁目10 - 12番
幡ヶ谷二丁目20 - 38番、43番、45番、49番、51 - 56番
東京都の卒業者の進路状況
卒業年度 卒業者合計 都内中学校合計 公立中学校 国立中学校 私立中学校 都外中学校合計 その他
平成23年 94,787人 93,067人 76,980人 432人 15,655人 1,558人 162人
平成24年 95,149人 93,465人 77,586人 377人 15,502人 1,540人 144人
平成25年 94,570人 92,815人 77,399人 417人 14,999人 1,608人 147人
平成26年 93,868人 92,273人 76,492人 395人 15,386人 1,449人 146人
平成27年 93,986人 92,461人 76,078人 446人 15,937人 1,370人 155人
平成28年 91,979人 90,465人 74,400人 439人 15,626人 1,384人 130人
平成29年 90,297人 88,781人 72,095人 413人 16,273人 1,393人 123人
100% 98.3% 79.8% 0.5% 18.0% 1.5% 0.1%

学区/校区内の主な施設[編集]

官公施設
教育施設
医療

交通[編集]

鉄道
路線バス
  • 都営バス - 渋66系統幡ヶ谷駅前(渋谷駅前行、阿佐ヶ谷駅前行)
  • 京王バス - 渋66系統幡ヶ谷駅(渋谷駅行、阿佐ヶ谷駅行)、渋69系統幡ヶ谷駅(渋谷駅行)、宿45系統、渋63系統七号通り(新宿駅西口、中野駅行)
  • ハチ公バス本町・笹塚循環春の小川ルート - 七号通り駅(渋谷区役所行)、中幡小学校駅(笹塚駅行)

関係者[編集]

出身者
  • 加藤芳郎(漫画家、タレント、司会者)(第7回生(1943年(昭和13年)卒))
  • 杉本苑子(作家、文化勲章受章者)(第7回生(1943年(昭和13年)卒))

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 開校五十周年記念誌編集委員会編『中幡五十年』、1980年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京都教育委員会 - 平成27年度東京都公立学校一覧、参考資料[1]
  2. ^ 渋谷区立中幡小学校 - 学校要覧、沿革[2]
  3. ^ 渋谷区 - 広報紙しぶやの教育NO,103(4月発行)、庶務部庶務係[3]
  4. ^ 東京都教育委員会「平成30年度 公立学校統計調査報告書(学校調査編)」統計表、2018年10月25日、2018年12月12日閲覧
  5. ^ 渋谷区教育委員会 - 学務課放課後クラブ推進係[4]
  6. ^ 渋谷区教育委員会 - 学務課学校事業係[5]
  7. ^ 渋谷区教育委員会 - 学校案内・各種手続[6]
  8. ^ 渋谷区教育委員会 - 学校案内・各種手続[7]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

OOjs UI icon map-ltr-progressive.svg 地図を見る

座標: 北緯35度40分49.85秒 東経139度40分24.42秒 / 北緯35.6805139度 東経139.6734500度 / 35.6805139; 139.6734500