清田祐三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清田 祐三
基本情報
本名 清田 祐三
階級 スーパーミドル級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1983-10-06) 1983年10月6日(35歳)
出身地 北海道釧路市
スタイルボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 35
勝ち 29
KO勝ち 27
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

清田 祐三(きよた ゆうぞう、1983年10月6日 - )は、日本男性プロボクサー北海道釧路市出身。第15代・第16代OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王者。フラッシュ赤羽ボクシングジム所属。釧路緑ヶ岡高等学校(現・武修館高校)卒業。

来歴[編集]

小中学校ではサッカーゴールキーパー)をしており高校も推薦入学したが、高校2年時にガチンコ!の影響からフラッシュ熊坂ジムでアマチュアボクシングを習い始める。同ジム(後にフラッシュくしろボクシングジム)の熊坂直希会長がフラッシュ赤羽ボクシングジムにプロボクシング現役時代に所属していた縁もあり、勧めを受け上京。

ミドル級[編集]

2002年11月21日、プロデビュー戦をミドル級で行い3回TKO勝利で飾る。

2003年12月21日、全日本ミドル級新人王決定戦に東日本新人王として出場し、江口啓二に3-0(58-57、58-57、58-57)の判定勝ちを収め、新人王となる。

2005年7月7日、その後4連勝で日本3位までランクを上げたが、氏家福太郎に0-2(75-78、76-78、77-77)の判定負けで初黒星を喫した。

2006年3月7日、連勝ストップ後の復帰戦で保住直孝と対戦し、1-1(78-76、77-77、75-77)の判定引分に終わる。

2006年12月7日、鈴木典史に3度ダウンを奪われ、0-3(73-77、74-76、74-76)の判定負けで2敗目を喫した。

スーパーミドル級[編集]

2008年4月26日、OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王者ウェイン・パーカー・ジュニア(オーストラリア)の怪我による長期療養のため行われた、OPBF東洋太平洋スーパーミドル級暫定王座決定戦に1階級上げ出場。ズルフィカル・ジョイ・アリ(フィジー)との対戦となったが、アリが6回で左を故障し7回終了後に棄権し、7回RTDで暫定タイトルを奪取した。フラッシュ赤羽ジム初の王者となった[1]

2008年10月13日、正規王者ウェイン・パーカー・ジュニアとの統一戦を行う。右拳の骨折などで1年のブランクのあったウェインを攻め立て、2回TKOでこれを下し王座統一に成功(記録上は初防衛)[2]

2009年4月13日、OPBF同級10位の李在明(韓国)を迎え、初回はぐらつく場面があったが、2回には右からの連打で圧倒し、この回2分49秒TKO勝利を収めて暫定王座から通算2度目の防衛に成功した[3]。同年10月12日、10位のヤント・シマモラ(インドネシア)に3回TKO勝利で3度目の防衛を果たし[4]、翌2010年3月16日には7位のレス・パイパー(オーストラリア)と対戦し、2回にダウンを奪い、8回TKO勝利で4度目の防衛に成功した[5]

2010年10月11日、ジェームソン・ボスティックと空位のOPBF東洋太平洋ライトヘビー級王座を懸けて対戦するが、1回TKO負けで2階級制覇はならなかった[6]

2011年4月11日、指名挑戦者ジョセフ・クワンジョヤ(オーストラリア)と対戦予定だったが、相手側が原発の被害に合うのを恐れたため試合が実現しなかった。代役に元インドネシア・ミドル級王者のヤシール・シアジアンと対戦し、5回KO勝利で退け再起に成功した[7]

2011年10月14日、後楽園ホールでラフマン・アンボダル(インドネシア)とノンタイトル10回戦を行い3度のダウンを奪う圧勝で2回KOで退け2戦連続KO勝利を記録した。

2012年3月22日、松本晋太郎を相手にOPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座の5度目の防衛戦を行い、7回TKOで5度目の防衛成功[8]

2012年10月6日、OPBF東洋太平洋スーパーミドル級2位の三浦広光と対戦し、6回2分0秒TKO勝ちを収め6度目の防衛に成功した[9]

2013年3月21日、OPBF東洋太平洋スーパーミドル級9位のアーネル・ティナンパイ(フィリピン)を相手に7度目の防衛を目指す[10]。が清田の体調不良により試合延期と思われたが[11]、結局試合自体が中止となった[12]

WBO世界王座挑戦[編集]

2013年7月13日、ドレスデンエネルギー・フェアブント・アレーナロベルト・ステイグリッツの持つWBO世界スーパーミドル級王座にWBO世界スーパーミドル級10位として挑戦し、0-3(89-100、90-99、90-99)の10回負傷判定負けを喫し王座獲得に失敗した[13]。同年4月1日にJBCがそれまで非公認であったIBFとWBOの世界戦を認可して以来、日本人初のWBO王座挑戦で、日本の選手がスーパーミドル級で世界王座に挑戦するのは田島吉秋西澤ヨシノリに続いて3人目だったのだが、日本人初のWBO王座の獲得とスーパーミドル級での世界王座戴冠に失敗した[13]。結果は後に左目のカットがヒッティングによるものと判明したため、10回TKO負けと変更された[14]

2013年12月10日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋スーパーミドル級10位の松本晋太郎とOPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座決定戦を行い、4回37秒TKO勝ちを収めOPBF王座に返り咲いた[15]

2014年7月11日、当初はOPBF王座の防衛戦の予定だったが対戦相手の都合がつかずノンタイトル戦に変更してヒーロー・カティリ(インドネシア)と77kg契約10回戦を行い、カティリ陣営の9回終了時棄権によりノンタイトル戦を制した[16]

2014年12月9日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋スーパーミドル級10位のアブハイ・チャンド(フィジー)と対戦し、5回1分25秒KO勝ちを収めOPBF王座の初防衛に成功した[17]

2015年3月14日、WBOは最新ランキングを発表し、清田はWBO世界スーパーミドル級14位にランクインした[18][19]

2015年7月7日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋スーパーミドル級9位のカジョンサック・シットサイトーン(タイ)と対戦し、10回52秒TKO勝ちを収めOPBF王座の2度目の防衛に成功した[20]

2015年12月3日、IBFは最新ランキングを発表し、清田をIBF世界スーパーミドル級13位にランクインした[21][22]

2015年12月11日、後楽園ホールで行われた「オーバーヒートボクサーズナイトvol.75」でOPBF東洋太平洋スーパーミドル級6位のマイケル・スピード・シガラキ(インドネシア)と対戦し、5回1分44秒TKO勝ちを収めOPBF王座の3度目の防衛に成功した[23]

2016年4月12日、後楽園ホールでOPBF東洋太平洋スーパーミドル級3位の松本晋太郎と対戦し、9回1分1秒、0-3(85-86、84-88、85-87)の負傷判定負けを喫しOPBF王座の4度目の防衛に失敗、王座から陥落した[24]

戦績[編集]

  • プロボクシング:35戦29勝 (27KO) 5敗1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2002年11月21日 勝利 3R 2:19 TKO 島田健志 日本の旗 日本
(CQ渡辺)
プロデビュー戦
2 2003年3月14日 勝利 3R 1:40 KO 山下直紀 日本の旗 日本
(宮田)
3 2003年6月23日 勝利 1R 0:35 KO 飯田智博 日本の旗 日本
(協栄札幌赤坂)
4 2003年9月26日 勝利 1R 1:59 KO 奈良好晃 日本の旗 日本
(角海老宝石)
第60回東日本ミドル級新人王 準決勝
5 2003年11月2日 勝利 2R 2:18 KO 木村文人 日本の旗 日本
(新日本木村)
第60回東日本ミドル級新人王・獲得
6 2003年12月21日 勝利 6R 判定 (3-0) 江口啓二 日本の旗 日本
( 姫路木下)
第50回全日本ミドル級新人王・獲得
7 2004年3月9日 勝利 8R 判定 (3-0) 小松学 日本の旗 日本
(ワタナベ)
8 2004年7月13日 勝利 3R 2:24 TKO 真木和雄 日本の旗 日本
(倉敷守安)
9 2004年11月9日 勝利 4R 2:37 KO 鮎沢雅夫 日本の旗 日本
(新日本カスガ)
10 2005年3月25日 勝利 4R 2:24 TKO スットタノン・シッティチャイ  インドネシア
11 2005年7月7日 敗北 8R 判定 (0-2) 氏家福太郎 日本の旗 日本
(新日本木村)
12 2006年3月7日 引分 8R 判定 (1-0) 保住直孝 日本の旗 日本
(ヨネクラ)
13 2006年7月18日 勝利 3R 2:16 KO ルクトン・トーピアンロムポン タイ王国の旗 タイ
14 2006年9月27日 勝利 7R 1:29 TKO 巖正植 大韓民国の旗 韓国
15 2006年12月7日 敗北 8R 判定 (0-3) 鈴木典史 日本の旗 日本
(P堀口)
16 2007年9月2日 勝利 2R 2:18 KO チャクチャナ・スーンギラノーイナイ タイ王国の旗 タイ
17 2007年12月21日 勝利 2R 2:18 KO 森広和義 日本の旗 日本
(広島三栄)
18 2008年4月26日 勝利 7R終了 TKO ズルフィカル・ジョイ・アリ フィジーの旗 フィジー OPBF東洋太平洋スーパーミドル級暫定王座決定戦
19 2008年10月13日 勝利 2R 1:37 TKO ウェイン・パーカー・ジュニア オーストラリアの旗 オーストラリア OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座統一戦/防衛1
20 2009年4月13日 勝利 2R 2:49 TKO 李在明 大韓民国の旗 韓国 OPBF防衛2
21 2009年10月12日 勝利 3R 2:52 TKO リアント・シマモラ  インドネシア OPBF防衛3
22 2010年3月16日 勝利 8R 2:11 TKO レス・パイパー オーストラリアの旗 オーストラリア OPBF防衛4
23 2010年10月11日 敗北 1R 2:08 TKO ジェームソン・ボスティック  ニュージーランド OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王座決定戦
24 2011年4月11日 勝利 5R 1:47 KO ヤシール・シアジアン  インドネシア
25 2011年10月14日 勝利 2R 2:25 KO ラフマン・アンボダル  インドネシア
26 2012年3月22日 勝利 7R終了 TKO 松本晋太郎 日本の旗 日本
(ヨネクラ)
OPBF防衛5
27 2012年10月6日 勝利 6R 2:00 TKO 三浦広光 日本の旗 日本
(帝拳)
OPBF防衛6
28 2013年7月13日 敗北 10R 0:40 TKO ロベルト・ステイグリッツ ドイツの旗 ドイツ WBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ
29 2013年12月10日 勝利 4R 0:37 TKO 松本晋太郎 日本の旗 日本
(ヨネクラ)
OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座決定戦
30 2014年4月5日 勝利 5R 1:35 TKO ビクトル・マヌエル・パラシオス メキシコの旗 メキシコ
31 2014年7月11日 勝利 4R終了 TKO ヒーロー・カティリ  インドネシア
32 2014年12月9日 勝利 5R 1:25 KO アブハイ・チャンド フィジーの旗 フィジー OPBF防衛1
33 2015年7月7日 勝利 10R 0:52 TKO カジョンサック・シッサイトーン タイ王国の旗 タイ OPBF防衛2
34 2015年12月11日 勝利 5R 1:11 TKO マイケル・スピード・シガラキ  インドネシア OPBF防衛3
35 2016年4月12日 敗北 9R 1:01 負傷判定 (0-3) 松本晋太郎 日本の旗 日本
(ヨネクラ)
OPBF王座陥落
テンプレート

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 清田7回TKOで暫定王者/ボクシング 日刊スポーツ 2008年4月27日閲覧
  2. ^ 清田TKOで東洋統一王座/ボクシング 日刊スポーツ 2008年10月14日閲覧
  3. ^ 清田TKOで防衛に成功/ボクシング 日刊スポーツ 2009年4月13日閲覧
  4. ^ 清田圧勝V3-OPBF・S・ミドル ボクシングニュース「Box-on!」 2009年10月12日閲覧
  5. ^ 清田TKO防衛、家住は負傷判定V1 ダブル東洋戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年3月16日閲覧
  6. ^ 清田1回KO2階級制覇失敗/ボクシング 日刊スポーツ 2010年10月12日閲覧
  7. ^ 挑戦者こない……清田は無冠戦でTKO勝ち ボクシングニュース「Box-on!」2011年4月12日閲覧
  8. ^ “王者清田がV5/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2012年3月22日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20120322-921537.html 
  9. ^ 清田、6回TKO!バースデーV6…東洋太平洋Sミドル級戦 スポーツ報知 2012年10月7日閲覧
  10. ^ ラウンドアップ ボクシングニュース「Box-on!」 2013年2月6日
  11. ^ OPBF王者 清田の防衛戦が延期に ボクシングニュース「Box-on!」2013年3月21日閲覧
  12. ^ 清田祐三VSアーネル・ティナンパイが中止 日刊スポーツ 2013年3月21日閲覧
  13. ^ a b 清田 10回負傷判定負け ボクシングニュース「Box-on!」2013年7月14日
  14. ^ ラウンドアップ Boxing News(ボクシングニュース) 2013年7月23日
  15. ^ 清田がOPBFタイトルを再獲得 2013年12月10日
  16. ^ 7.11後楽園ホール結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月11日
  17. ^ 清田祐三、5回KOでOPBFタイトル初防衛 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年12月9日
  18. ^ WBO RANKING MARCH 2015 WBO公式サイト 2015年3月14日
  19. ^ WBOランキング、東日本新人王戦応援番組スタート Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月22日
  20. ^ 清田祐三がV2、ダウン喫するも10回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月7日
  21. ^ IBF Ratings IBF公式サイト 2015年12月3日
  22. ^ 辰吉Jr・中澤の試合をG+生中継、福原らIBFランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月5日
  23. ^ 清田祐三が5回TKO勝ち、OPBF・S・ミドル級V3 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月11日
  24. ^ 松本晋太郎がOPBF・SM級新王者、村中優6回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月12日

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 千代泰之監修 『一拳一会 II だからボクシングは面白い』(執筆者は海田イサヲ氏 )エベイユ、2009年3月19日 ISBN 978-4-434-13063-2

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
ズルフィカル・ジョイ・アリ
OPBF東洋太平洋スーパーミドル級暫定王者
2008年4月26日 - 2008年10月13日
次暫定王者
王座統一戦により消滅
前王者
ウェイン・パーカー・ジュニア
第15代OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王者

2008年12月10日 -2013年(返上)

空位
次タイトル獲得者
清田祐三
空位
前タイトル保持者
清田祐三
第16代OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王者

2013年10月13日 - 2016年4月12日

次王者
松本晋太郎