清王洋好造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清王洋 好造(せいおうなだ こうぞう、1960年10月20日 - 2003年10月8日)は伊勢ヶ濱部屋に所属していた元大相撲力士。本名・畠野好造(はたの こうぞう)。身長178cm、体重192kg。鹿児島県枕崎市出身、兵庫県神戸市垂水区育ち。得意手は突き、押し。最高位は西十両9枚目(1987年11月場所)。

経歴[編集]

  • 1960年10月 神戸市にて生まれる。兵庫県神戸市垂水区で育つ。父は自動車教習所指導員。出身地は新十両時は兵庫県、再十両時は鹿児島県としていた。
  • 1979年3月 天理高等学校卒業。新弟子検査に合格。
  • 1979年5月場所 初土俵
    • 最初は序ノ口序二段で優勝し順調な滑り出しを見せたが、幕下で成績が伸びず昇進が遅れた。
  • 1983年7月場所 新十両
    • 両下腿蜂窩織炎を発症し、負け越し。一場所で幕下に転落。病気が治らず休場が続き、三段目まで陥落した。
  • 1987年11月 再十両
    • 病気が平癒し再び十両に昇進したものの、なかなか自分の相撲が取れず苦労。二場所務めるも勝ち越しはならなかった。最後の十両となった1988年1月場所は15戦全敗を記録し、その後も復調せず序二段まで陥落。1989年9月場所を最後に廃業した。

廃業(引退)後[編集]

  • 妻の俊江(現在とし瑛と改名)とともに神戸市灘区六甲道駅前六甲本通商店街において相撲料理店「ちゃんこ鍋清王洋」を経営。数々のテレビ番組や雑誌で紹介される。
  • 1994年12月 寺尾(発起人)・八角親方(北勝海)・阿武松親方(益荒雄)らとともに1979年の各場所(初・春・夏・名古屋・秋・九州場所)に初土俵を踏んだ力士の同期会「力士五四会」を結成し交流。
  • 1995年1月、阪神淡路大震災で被災。自宅は全壊するも店は奇跡的に残る。死去するまで11年間にわたって店を経営したほか、妻とともに相撲甚句の会を開いていた。
  • 生来明朗で能弁な人物であった。妻と朝日放送のテレビ番組「新婚さんいらっしゃい!」にも出演し、観客を笑わせた。妻は会場で相撲甚句も披露した。また1998年には同局のテレビ番組「SHOW-NEN J」に出演し、力士時代の苦労話や15戦全敗のエピソードなどを面白おかしく語って共演者の笑いを誘い、視聴者を喜ばせた。妻や長女と共に、「しらばか」など多数のテレビ番組に出演した。
  • 引退後も180kg近い体重のままであったという。2003年に蜂窩織炎が再発し、敗血症も併発。闘病生活の末、同年10月、死去した。
  • 妻と長女は、現在家族太鼓山本家(かぞくだいこやまもとや)を主宰。

戦績[編集]

  • 生涯成績:223勝203敗32休(63場所)
  • 十両成績:11勝34敗(3場所)
  • 各段優勝:序二段1回(1979年9月場所)、序ノ口1回(1979年7月場所)
清王洋 好造
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1979年
(昭和54年)
x x (前相撲) 西序ノ口34枚目
優勝
7–0
西序二段48枚目
優勝
7–0
東三段目51枚目
3–4 
1980年
(昭和55年)
西三段目68枚目
6–1 
東三段目23枚目
5–2 
西幕下59枚目
4–3 
西幕下50枚目
2–5 
東三段目16枚目
3–4 
東三段目33枚目
5–2 
1981年
(昭和56年)
東三段目5枚目
5–2 
東幕下44枚目
4–3 
東幕下32枚目
3–4 
東幕下38枚目
3–4 
西幕下45枚目
5–2 
西幕下28枚目
4–3 
1982年
(昭和57年)
西幕下17枚目
4–3 
西幕下13枚目
3–4 
東幕下22枚目
3–4 
東幕下35枚目
6–1 
東幕下9枚目
4–3 
東幕下8枚目
3–4 
1983年
(昭和58年)
東幕下14枚目
5–2 
西幕下6枚目
5–2 
西幕下筆頭
4–3 
西十両12枚目
5–10 
西幕下6枚目
3–4 
西幕下14枚目
3–4 
1984年
(昭和59年)
西幕下22枚目
0–6–1 
西幕下51枚目
休場
0–0–7
西三段目31枚目
2–2–3 
西三段目55枚目
5–2 
東三段目24枚目
5–2 
西幕下55枚目
5–2 
1985年
(昭和60年)
西幕下35枚目
4–3 
西幕下23枚目
5–2 
東幕下11枚目
3–4 
西幕下19枚目
5–2 
西幕下8枚目
3–4 
西幕下17枚目
4–3 
1986年
(昭和61年)
東幕下9枚目
休場
0–0–7
西幕下49枚目
1–6 
西三段目23枚目
3–4 
西三段目44枚目
6–1 
西幕下55枚目
5–2 
東幕下35枚目
5–2 
1987年
(昭和62年)
西幕下20枚目
5–2 
東幕下10枚目
4–3 
東幕下6枚目
4–3 
西幕下3枚目
4–3 
東幕下筆頭
5–2 
西十両9枚目
6–9 
1988年
(昭和63年)
東十両13枚目
0–15 
西幕下15枚目
2–5 
西幕下34枚目
2–5 
西幕下56枚目
3–4 
東三段目9枚目
6–1 
東幕下39枚目
1–6 
1989年
(平成元年)
東三段目6枚目
1–6 
東三段目48枚目
休場
0–0–7
東序二段9枚目
4–3 
西三段目86枚目
1–6 
東序二段25枚目
引退
0–0–7
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 畠野→清王洋
    • 当初四股名は神戸・山陽地方にちなみ、「清陽洋」にする予定であったが、地元後援者らから「陽も良いが、発音としても近いので、王者になるように王にしてはどうだろう」と言われ「清王洋」と改めた。